2020年05月28日

ボルボ240 オールペイント その1

1DFAEA7E-FCC6-4FA4-B2FC-2183AFACC06B_1_105_c
ボルボのリフレッシュ
もうすぐ30年物のクルマだけに、外装のオツカレ具合が気になってきた。
ちょい古輸入車は多少ヤレているくらいで丁度良い、という話もあるが、ファミリーカーは綺麗に越したことはない。

CCEF06F6-FC63-4D0C-966B-F9DDAC46A533_1_105_c
ボンネットはクリアが飛び始めていたため、下地まで総剥離→全塗りコース。
赤色ボディの宿命か。。

06DE78A7-3D1D-4E33-8C71-2C56CDDD17E7_1_105_c
サイドのガラスも外して、綺麗に塗ってもらう。
あちこちにある、前オーナーがぶつけた傷を全て直していく。
都内の女性ワンオーナー車だったが、やたらと小さい凹みが多いのだ。
購入時は、後付けの近接アラームが前後バンパーに貼り付けられていたことから想像すると、マンション駐車場など長いボディでは停めにくかったのだろう。
今回、あちこち塗り直された跡が出てきたから、それでも大事にされてきた車両なのだと思う。

面積が広いボルボだけに、バリッと綺麗になったら気持ちいいだろうなぁ。
いつも本当に丁寧な作業をしてくれる板金屋さんに感謝。。

naoemon1959 at 20:23|PermalinkComments(0)日常 

2020年05月27日

SR400 クランクケース交換 その3

(つづき)
今回はあくまでクランクケース交換が目的で、全くの無計画にオーバーホールに着手してしまったが、エンジン外観のリフレッシュもやりたくなってきた。

ということで、近所のブラスト業者さんを紹介してもらって、ステンレスショットを依頼。
エンジンを仮組みした状態で、丸ごとブラスト機に投入するらしい。

BBFA7128-31D7-497F-B969-42B07280CB07_1_105_c
クランク、ピストン、ミッション等は組み込まず、ショットメディアが入り込まないように、あちこちガムテープで塞ぎながら「ハコ組み」。

2機のエンジンを同時に全バラしているので、どれがどちらの部品か判らなくならないよう、整理整頓が重要となる(見るからに、全然できていない作業場)

naoemon1959 at 20:03|PermalinkComments(0)SR400! 

2020年05月23日

SR400 クランクケース交換 その2

(400ドナーエンジンの分解続き)

CE49D06F-6230-48DD-B62D-86680B19F47E_1_201_a
鬼錆びのステーターコイルの+ネジ。。
LOCTITE Freeze&Rlease にてマイナス43℃に凍結させて固着を解除して、ショックドライバーにて一発。
やはり素人こそ、持つべきものはケミカルと道具。

A38517DF-E73C-4AD5-9E6F-1161B50C3AD0_1_201_a
もうクラッチ側はすんなり外してあるので、STRAIGHTのクランクケースセパレータにて左右分解。

A725A538-6363-4E20-B17F-C25860678C30_1_201_a
はいクランク見えた。

6C823FA4-FEBA-4B42-B78A-3D8DCB78686C_1_201_a
はいミッションも抜けた。

といってもドナーエンジンで使うのはクランクケースのみ‥
9割のパーツは使わないのだ。。どこか(≒某ヤフオク)にこの残骸の活路はあるのか。
とりあえず、ニコイチ完成するまでは部品取りとして保管しておく。

naoemon1959 at 22:35|PermalinkComments(0)SR400! 

2020年05月22日

SR400 クランクケース交換 その1

F0944CCF-ACED-45F4-AEAB-43E6B274DA60_1_201_a
このオイル漏れは、そろそろ、さすがに、ダメでしょう。
ことの発端は、10年以上前にチェーンの初期調整をサボったために暴れてしまい、クランクケースを損傷したことによる。
アルミパテ盛りを繰り返したが、長くもって3ヶ月。すぐにオイルが滲み始めてしまう。

D277DDF4-72BB-43E8-B3AC-2379AD1ABBDE_1_201_a
(自粛と暇に乗じて)重い腰を上げることに。
車体に載っているのがお漏らし500エンジン。とりあえずこいつは置いといて。


まずは、ドナー400エンジンから、クランクケースを摘出する。
摘出というか、外側の部品(シリンダ、クラッチ、ジェネレータ)、内側の部品(ギヤ)を撤去する。

その後、レシピエントとなる500エンジンも同様に分解し、クランクケースを使って組む。
四輪業界でいう、箱替え、というやつだ。

F0ED8B39-ED27-4B0B-AB57-F0940263DE63_1_201_a
シリンダとヘッドは一瞬で外れるので、写真なし。
しかし、ジェネレータのサビは相当「ヤバイ」でしょう。
これはフライホイールカバーのガスケットを再利用するとこうなってしまうのか。。

(写真ではすでに外れているが)鬼門のフライホイールも鬼固着していて、インパクトレンチの鬼トルクでぶっ込んで外した。

今回の学び:「道具は大事」「始めれば早い」

10年前、3/8インチのハンド工具だけでエンジン全バラした自分に感心する。
あの頃はまだ新車3年目だったから、固着などほぼ無かったのかもしれないけど。

naoemon1959 at 23:47|PermalinkComments(0)SR400! 

2020年05月15日

ステイホーム

GWにどこにも出掛けないのはもう10年以上ぶりだろうか。
今年も、3年連続の四国うどん紀行を考えていたけれど、命が大事。

9A2A3286-0514-4261-89E4-2923FB2FF5DE_1_201_a
ボルボ240のヘッドライトリフレクターを、ステイホームでのんびり交換する。

現行車とは異なり、ガラスレンズは劣化しないので、リフレクターだけ交換してやればまた新品と同じになる。
光量はかなり回復しているはずだけど、夜に外出しないからよく分からない。

A80B0BE0-231D-4C8B-8A3D-109AED946E4B
フロントグリルも外したついでに(というか5秒で外れるが)、初めてのお掃除。

こういう室内に持ち込んで、子供と遊びながらやれる作業は良い。
しかしガレージに一人こもるのはどうやら難しそうだけど。(早起きするしかない)

naoemon1959 at 21:19|PermalinkComments(0)

黒光り

ブログは自粛していたわけではないけど、時間はあってもネタは無い。
そもそも外出しないわけだから、クルマもバイクもほとんど乗らなくなっている状況で、このブログの存在価値すら怪しくなっている。

DFB17C0A-7720-446C-80F6-E9556272A968_1_201_a
ということで、ファリミーカーとして一番稼働率の高いラパンのお手入れを。
MOTHERS Black to Black

マザーズといえば、マグ&アルミ ポリッシュが有名だろう。
10数年前を思い出してみれば、いわゆるケミカル系で生まれて初めて買ったものがまさにそれだった。
仙台で、郊外の南海部品まで原付でわざわざ買いに行ったものだ。
今回は、そんなことを思い出しならがAmazonで自粛ポチ。

7B856BCD-BD93-4C8E-BE7A-C69314FC0CC4_1_201_a
紫外線で灰色になった未塗装樹脂を復活させるアイテム。
説明書にpenetrate(浸透させる)という言葉が使われているので、とりあえずスポンジに付けて塗り込んでいけばいいと思われる。

62CFA0FF-029F-433C-B912-D34477D8D8F7_1_201_a
9歳のラパンが、あの頃のようにシャキッとした。

耐久性はこれから確かめつつ、ボルボ240にも使ってみよう。

naoemon1959 at 20:56|PermalinkComments(0)

2020年04月13日

ケンメリ ウォッシャー修理

今年のケンメリのユーザー車検にて、受験当日にウォッシャーが出ないことに気づき‥
かなり焦ったが、裏技により検査は合格。(理由は書けない)

旧車はそもそもウォッシャーなど使わないので、車検以外には困ることはないのだが。
一応、日産部品にモーター単品で出るかどうか聞いてみたりもしたが、当然ながら製造廃止。

コロナ自粛を機にモーターを修理してみよう、ということで分解。
AFD95B25-6273-40C0-984C-4C7950768879_1_201_a


ビス3本、カシメ3箇所を外してみると、
水を送るインペラ側から、モーター側に水が侵入して、錆が発生している模様。

超簡単な構造とは言え、47年前の骨董モーターを分解すると樹脂が崩壊する恐れがあり。
これ以上はバラさず、潤滑剤とパーツクリーナーを交互に吹き込み、ローターの固着を除去した。

修理費ゼロで、無事修理完了。

3A176CE0-C496-4513-9328-EF9AACC00B48_1_201_a
いざとなったら新品を投入するつもりだったけど、これも相当貴重品になってきている気がするから、当分温存かな。

調べてみると、ウォッシャーの使用頻度が極端に少ない(下手すると車検の2年に一回のみ)と、こういう症状が起きやすい?らしい。
水の侵入が問題なのか、モーターを動作させなすぎるのが悪いのか、よく分からないが。
旧車の場合は、使わないならウォッシャータンクから水を抜いて、モーター内の水を追い出しておいた方がよいのかも。

2020年04月12日

可動ペンホルダー

作ったばかりのレザー手帳カバーをちょいカスタマイズ。
あえて設置しなかったペンホルダーが、やっぱり欲しくなって。

今回は、ペンホルダーが収納できるように構造に一工夫加える。
縫い目は全て解いて、再度縫い直さないといけないのが辛いところだが、妥協は許されない。

82BD8200-B77D-4731-A664-AC4AC3549B77_1_201_a
レーシングポニーなるアイテムを導入してみた。
この上に座ると、レザーを手に持つことなく両手で縫い針を持つことができる優れもの。

7C1634A3-EF59-4377-B3F3-DB495D7569E8
仕上がりはこんな感じ。
ペンホルダーは可動式なので、ペンの太さに関わらずスマートに納まる。

D9FC8586-9FC9-417B-8F62-9107DD0FC825
収納すると、こんな感じ。
予想以上に綺麗に仕上がった。
ついでに、カバーの見た目で上下・裏表が判り難いという使用面での致命的な問題もあったが、それも解決。

こんなの一つ追加するにしても4時間くらいはかかっている。
紐解き、寸法決め、切り出し、厚み調整、コバ仕上げ、再縫製。。

外出を控える今日この頃にちょうど良い暇つぶしだ。

次のレザー製作は、数年前に試作したっきりのケンメリ用のあれかなぁ。
手縫いかミシン縫いか、それも悩みだ。

naoemon1959 at 19:36|PermalinkComments(0)

2020年04月06日

自粛ドライブ

例年であればキャンプシーズンだが、コロナ影響により自粛している。
報道によればキャンプ場は大賑わいらしいが、わざわざ混んでいるキャンプ場などに出向く気も起きないし、
水場や温泉での感染も懸念される‥。

もうすぐ訪れるGWはもう10年以上、ひたすらキャンプ旅を続けてきたが、
今年はとても無理だろうなぁ。
学校も始まり、テレワークなんてやる気もサラサラ無い会社。
今より確実に「ヤバい」状況になっているだろうし。

DSCF5625
我が家の花見は例年どおり。
サンドイッチを持ってピクニックドライブ。もちろん、誰もいないところへ。

DSCF5644
この一本桜は、たまたま通りがかって見つけた。見事だ。。また来年もここに来よう。生きて。

桜吹雪とケンメリ‥
やっぱり純正(風)スタイルにして良かったな。こういう景色にこそ旧車は映える。

2020年03月31日

内職中

コロナ影響で保育園が休業となっていて。
共働きの我が家は、自分と妻のどちらかが仕事を休んで子守りするしか無い状況であった。

ド田舎のメーカー勤務では、リモートワークが通用するわけもなく、潔く「休み」にするのである。

子供と1日中、2人でいる時間は、今後の成長の中でますます減っていくだろう。
前向きに捉え、字や計算を教えたり公園(そしてたまにYouTube)で過ごす平日も悪く無い。

そして自分も仕事を忘れ、最近サボっていたレザークラフトを。

C136F382-2B89-4095-AD8F-D875152D5569
仕事用B6ノートのカバーだ。

時間がかかるのは、現物合わせで寸法を考えたり、見開きポケットの形状を決めることだ。
ある意味でここが一番楽しくも、とても悩ましかったりする。

C4DCD207-0FF7-4F89-91FB-E4964278466F
シンプルな差込み式のカバーだけあって、サイズやフィット感が全てを決める。
レザーもオイルドの高いものを買ったから、裁断の失敗などは絶対に許されない。

‥はい完成。
8F80966B-0F2F-4306-AB94-42AF42936487

ノートの表板に対してピッタリ作りすぎてしまったかと途中焦ったが、
縫製後に棒でグリグリと革を馴染ませたら、まさに特注のごときシンデレラフィット。

今回はあえてレザークラフト感を消すため、糸は白ではなく同系色、
また、コバと角部は丸めず、ざくっと感とかっちり感(←何?)を両立した。

7C719916-ADA7-4D11-BCA2-E4B6B13287A0
実は一番こだわったのがこの部分。
150mm定規(エンジニア必須アイテム)と、ごく稀に突発的に必要になる名刺のホルダー。

中身は落ちないけれど、取り出すときにめくりやすい、しかもちょっと見た目もアレンジ‥
と悩みに悩んで決めたのが、このベロ形状。
実際、めちゃくちゃ使いやすくて自己満足度も高い。

これで、仕事の結果につながるメモを残せれば完璧なのだが。

naoemon1959 at 21:56|PermalinkComments(0)日常 

2020年03月13日

ホワイツ沼

ホワイツブーツのことを頻繁に書いていた時期があって、いまだにアクセスが多い様子だ。
まぁ、何も参考にならない、うまく写真が撮れると嬉しくて載せるだけの記事なので、アクセスした方もおそらくがっかりして「戻る」のだろうけど。

2012年に最初の1足目を買ったと記載がある(こういう時に過去ブログが備忘録になる)。
そうか、当時はインド出張に何度も行っていた頃だった。成田空港に帰着し、そのまま上野アメ横に行って買ったんだった。
その1足目は、まだ現役で履いている。

そのあと茶ホワイツ(セミドレスラスト)が2足目。どちらもレザーソール仕様だ。

416C4C3F-74B6-4EF4-BD1B-D52E7B17DC7F_1_201_a
そして、これが初登場の3足目ホワイツ。

最初の1足目と同じアメ横のショップで買った、スウィングラスト トゥーキャップ仕様。
そして初のラバーソール。まぁこれがワークブーツのスタンダードなんだけど。
レザーソールの履き心地に慣れてしまっていると、なかなか重さと硬さに慣れないのが悩み。。

もう他のブーツメーカーに浮気をするつもりはないが、
飽きにくいのか飽きやすいのか、どんどん新しいホワイツが欲しくなってくるという。
これは、きっと、沼だ。

naoemon1959 at 19:00|PermalinkComments(0)ブーツ 

2020年03月12日

GT80 ミニ整備

02332B6B-7A59-4A3F-903B-11F5DEF0EC80
SR400が訳あって(ガス欠して押して帰ってきてから放置‥)、乗れない状態となっているため、
通勤号としてはミニトレGT80が主役に。
一応40年前のバイクで絶好調とは言えないが、片道10kmの通勤は何とかこなせる状態になった。
とは言え、走りに関するところは、ボチボチ整備を進めていこうかと思う。

73D5F2B1-C785-46AF-A1ED-EE3DA806A588_1_201_a
まずチェーン交換。スプロケットは、とりあえずそのままでいいか。
ブレーキシューも交換して安心感UP。

F4C5C842-E7AA-4959-BF7C-9D272F03953B_1_201_a
焼き芋しながら焚火でカーボン飛ばしたチャンバーは、耐熱塗料で厚塗りしておく。

スロットル&クラッチワイヤ、スピード&タコメータケーブル、全て外して内部洗浄とグリスアップ。

168BC5FC-54CE-49E9-85A2-C56E88729EFF_1_201_a
キャブレターのセッティングついでに、リードバルブも点検、ガスケット交換。
硬化したオイルポンプのホースを交換。

あとは慢性不調の低速不調か。。何度キャブを開けても治らない。もうお手上げ。。

naoemon1959 at 20:31|PermalinkComments(0)単車 

2020年02月13日

大往生

0C89B799-2236-41BF-9DB6-64296710E549_1_201_a
粘りに粘り、延ばしに延ばし、ついに。
ケンメリに乗り始めてちょうど10年を記念して、初めてのバッテリー交換となる。
10年、よく使ったなぁ。

80D28L(右) → 80B24L(左) にダウンサイジング。
同じ容量で大幅な軽量化になる。元々載っていたのが大きすぎるだけかも。
L型車にDサイズが載っているのは見たことないし。

しかしCaosバッテリーの青色は、エンジンルーム内では悪目立ちするかも。。

そしてこれまた見て見ぬ振りをしてきた、おそらく46年間無交換の千切れそうなアースケーブルを引き直さないと。
抵抗が増えて燃える前に、、

2020年02月11日

別れと出会い

D30BBB06-3DB6-4922-AB27-75B1109EC54B
BMW R80 ついに旅立ちの日が。

もともと全く手放すつもりはなくて。
3ヶ月前に車検も通したところだし、オイル類も全て交換したばかり。文字色の抜けたサイドカバーもつい先日、美品に交換した。

しかし、クルマもバイクも、縁とタイミングが大事。
無理をして買うものでもないし、逆に無理をして所有し続けることもよくない。
ケンメリだって、10年前のタイミングだから手に入れたわけで、今の暴騰価格や自分の状況下で買うことはないだろう。

9DE832DC-6418-4F91-B327-59AAF2240637_1_201_a
R80も、ほんの立ち話から譲り受けたた人生初の外車。
買うと決めた5分前までは、買うとは夢にも思っていなかった。
その後、本国ミュンヘンのBMWミュージアムも訪問し、ファミリーカーもVOLVO 940→240へと乗り継ぐことなり、いつの間にかヨーロッパ車にどっぷり(自分ではあまりそのつもりは無いのだけど)。
そのきっかけになった1台。
市場相場もこの数年でかなり上昇したから、また乗りたいと思っても手に入れられないだろう。

良いタイミングで、良いオーナーに託すことができたと思う。
浜松ナンバーのままだから、またどこかで見かけるかもしれない。

2016-10-26-22-39-19


2020年01月17日

令和掛川ナイト

熱い要望?にお応えして超お久しぶりの某日某所、掛川ナイト。
令和初となる。

集まった台数や全体写真は控えるけれど、ハコスカ、ケンメリ、ZのL型オンパレード。

C36BE7E7-5C90-46B8-8E03-1722D035BEF8_1_201_a
ご近所のハコスカ。
いきなりこんな激シブの出で立ちで登場したもんだから、びっくりするわ。
でも、深リム、引っ張り、車高短のハコスカはそれこそ何百台とあるだろうし、ノーマル4.5J鉄チンの方が目立つのは間違いない。

A37AA82F-4F28-4599-8534-292EF5681F0F_1_201_a
このトローンとマブい純正ホイールキャップ。
ずっと見惚れてしまう。。

B3A74750-E9CF-4470-AD22-2C32A098435D_1_201_a
この日のために、我がケンメリも純正ホイールキャップを新調している。
全く同形状で綺麗なものに交換しただけなので(といってもこれが安くはない)、誰も気づかないだろう。

A420956A-3583-4E09-9D06-6E0083CF7F1D_1_201_a
最後はいつものケンメリ4ドアーズが居残りおしゃべり。

次はいつかな。
まずはあと2週間を切った車検がどうなるか。。