2017年06月25日

プチ掛川ナイト

梅雨の合間のナイトツーリングを考えていたら、510ブルーバードの友人よりタイミング良く連絡あり、一人掛川ナイト中とのこと。目的地はどこでも良かったので、R1バイパスを東に向かう。

DSCF9495_R
22時過ぎにこっそり集う大人たち。
フルチューンのS30Z(たぶん)も合流。

DSCF9497_R
本日の我がマシーンははBMW R80。
パーシャル時のボクサーツイン特有の優しい振動とは裏腹に、FCRの加速ポンプを効かせたときの突き飛ばされるような加速感が最高。
数年間の雨ざらしによって見た目はだいぶ劣化してしまったので、そろそろ本腰を入れてグッドルッキンにしたい。

ふと雨雲レーダーを見るとすぐ西まで雨雲が迫っている!
雨に濡れたくない旧車乗り、バイク乗り、そしてキャンパーには必須のアプリ。
せめてもの缶コーヒーを喉に流し込み、あっという間の解散となった。帰宅があと5分遅かったら天神ワークスの革ジャンは濡れてしまったことでしょう。

at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ケンメリスカイライン | 単車

2017年06月13日

June has come

あっという間に6月、梅雨入り。
私、雨も好きよ、なんていうアンニュイな男でもないし、傘を差すこと自体に慣れていないこともあって、やっぱり平日も休日も晴れていてほしいものです。

500チョメチョメになったSR400に乗りたくて、子供を保育園の送り迎えはクルマで行き、帰宅してバイクに乗り換えて通勤しています。そのままクルマで通勤した方が早いんだけどね。

さて、最近は相変わらず燻製をやっているか、庭の草取りをするばかりです。
2017-05-12-21-37-27
ブロックベーコン

2017-06-03-19-14-04
ファミリアチーズ

2017-05-11-21-52-41
サーモン

総額324円の簡易スモーカー(100均のボウル×2, アミ)が大活躍です。

2017-06-03-11-16-54
哀愁の秘密基地は、紆余曲折ありましたが、ようやく工事スタート。
広いことは広いのですが、クルマ1台+バイク2台+作業スペース+収納スペースくらいです。
隣に部品取り車なんて置けるようにしたら際限が無くなるので、ちょうど良いでしょう。それよりもケンメリが部品取りにならないことを祈るばかりです。

ボルボ240はそろそろ旧車にカテゴライズされつつあるようですが、車庫にしまい込むようなクルマでは無いと思うので、屋外のまま。赤色の退色だけは気になりますが。

at 22:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0)日常 

2017年05月14日

九州へ 2017 その5

DSCF8885_R
杖立温泉の鯉のぼり祭
5年前、九州を発つ最終日、ここに来てからフェリー乗り場へ向かったのを覚えている。
写真には全然写りきっていないけれど3500匹の大群だそうで。この日はいい感じの風が吹いていて元気に泳いでいた。
風が吹いていないと吊るされたシシャモのようになるそう。鯉のぼりも子供の元気な方がいいね。

2017-05-04-13-06-39
我が旅も、だんだんと帰路モードに。
実は帰りのフェリーが取れておらず、陸路で帰るかなぁボルボ止まらないかなぁと心配していたわけだけど、奇跡的に2日前にキャンセルが出て速攻スマホで予約。

そんなわけで気持ち的に余裕が出たので、別府で温泉三昧、食三昧と。
築80年の旧宿屋の2Fでやっている「アホロートル」の野菜カレー。
インパクトがある店名はウーパールーパーのことらしい。

2017-05-04-17-23-45
すっかり眠くなってしまい、高速の運転は奥さんに任せてお昼寝。フェリー乗り場のある北九州に到着。
今回は山ばかりの旅だったので、港に着くと旅の終わりと哀愁を感じるなぁ。

2017-05-04-17-07-10
昼にカレーを食べたばかりでお腹は空いていないけど、門司港レトロに来たからには"焼きカレー"。

以上、2017年GWの旅は終わり
家族で行く楽しみと、やっぱりバイク旅がしたいなという気持ちが織り交ざった良い旅でした。
週末に家族を置いて出かけることは難しいから、日〜月(有休)でソロキャンプに行く作戦を実行してみよう。

帰りのフェリー乗り場で、近所のSR系バイク屋さんAKO-MOTORCYCLEさんファミリーとばったり。
あちらも浜松ナンバーのボルボ240を見つけて気になっていたとのこと。
AKOさんとは、7年以上に今のケンメリを買うときにその旧車屋で居合わせた以来のご縁で。
先月号のLightning誌でもでっかく載っていたりと、応援したいショップ!
SRは当分やることが無く仕事はお願いできないので、陰ながら、ということで。

at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ツーリング 

2017年05月13日

九州へ 2017 その4

再び阿蘇に戻り、「天空の道」へ。
1年前の地震で大きな被害を受けていたことは知っていたが、かつて何度も訪れた場所は一度見ておきたい。
2017-05-03-10-43-00
道も半分くらい崩れ落ちていて、当然車両の立ち入りはできない。
こういう生活道路でも観光道路でもない抜け道?的なところの復興は後回しになってしまうんだろうな。
自分のような観光客は、金が無いなりに旅先でお金を使うことが復興支援になるのだと思います。高原でガソリン入れたら超高くて後悔したけれど。まぁ差額は募金のつもりで。
2017-05-03-11-42-20
通りすがりの辻さん。迷子になっても大丈夫でしょう。

2017-05-03-14-30-42
阿蘇一宮「とり宮」"馬ロッケ"
ニンニクがピリッと利いていて美味い!

at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ツーリング 

2017年05月12日

九州へ2017_その3

家族連れと言えどバイク旅の自由気ままモードは崩したくないため、
宿泊地以外の目的地はまったくの未定。とりあえず滝を巡ることに。

生茶のCMで有名になった「鍋ヶ滝」
2017-05-01-11-41-04
滝の裏側に回ることができる。
5年以上前に来た時よりキレイに歩道と階段が整理され、まさかシャトルバス、有料ゲートまで出来ているとは思わなかったけれど、滝周辺は昔のまま残っていて良かった。

お次は、宮崎まで足を延ばして、高千穂峡へ。
2017-05-02-14-15-02
ここに来たのは確か2009年。初めて九州に来たときかな。
時間配分を間違えて夕方5時頃に一人で到着し、さっと見て終わってしまった場所。
そのあと阿蘇まで戻って、真っ暗な山道を泣きそうになりながら走ったのを覚えている。
今ではGoogle Mapが教えてくれるルート、渋滞情報、予想時間のお陰で間違いのないルーティングができるけれど、紙の地図だけを頼りに走り回っていたからこそ見られた景色や体験がロングツーリングの魅力なのかなと。

高千穂では平日にもかかわらずボート2.5時間待ち。せっかくだから乗ろう。

2017-05-02-16-49-39
ボルボ240がやたらとガラガラ鳴りだして、下にもぐるとマフラーパイプがぱっかーん。
通りすがりのモータースの兄貴に応急処置をしてもらって助かった。
25年落ちは一応旧車の部類になるのかな。ポンコツとの境目くらいか。
我が家のメインカーは、このくらいでヘコタレていては務まりません。

といっても溶接しなきゃダメだなぁ。金が無いからしばらくはこのまま…

at 10:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ツーリング 

2017年04月30日

九州へ 2017 その2

今回はファミリーツーリングということで、一応の宿泊地のみは決めておいた。
1泊目 大阪-新門司フェリー
2泊目 Snow Peak 奥日田 キャンプ場(大分 日田)
3泊目 Snow Peak 奥日田 キャンプ場(大分 日田)
4泊目 ライダーハウス Ripapa亭(熊本 南小国)
5泊目 ライダーハウス ムジカ(大分 安心院)
6泊目 新門司-神戸フェリー

これだけ決まっていれば上出来である。

まずは湯布院 下ん湯2017-04-30-10-01-45
(奇跡的に誰も居なかった)
5年振りに訪れた湯布院は、日本語が聞こえるだけで安心するほどのK率。ちょっとクラクラしてきて、早いとこ阿蘇を目指そう。

DSCF8735_R
やまなみハイウェイを通って阿蘇に上がるのがツーリングライダーなら定番コース。
ボルボ240もちゃんと旅感が出て、サマになっているね。

2017-04-30-16-44-28
初日から2軒目のお風呂。黒川温泉 山みず木
ここは過去に何度も訪れているけれど、とても宿泊できない貧民のためにワンコインで入浴させて頂けることに毎度、感謝感激。

2017-05-01-19-59-47
今回のキャンプは、燻製に挑戦。
貧民キャンプにつき、燻製器(スモーカー)は百均のボウル×2と網だけ。
チーズ、煮卵、ウインナー、サーモン。
いきなり現地で初挑戦のわりに、何でも魔法のように美味しく仕上がってる。

ナッツはカゴに入れておくといいみたい。これも百均。2017-04-30-21-35-25


at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ツーリング 

2017年04月29日

九州へ 2017 その1

20代の頃は毎年のようにバイクで走り回った九州。もう5年も経つのか。
その間に変わったもの、それは熊本の震災だったり、自分の環境もある。
でも変わらないものもあるはず。九州で出会いお世話になった人達や、純粋に旅を楽しんでいた自分にも会える気がして。

ボルボ240にキャンプ道具を放り込んで、大阪のフェリー乗り場を目指します。
目的地無し。経路未定。
たくさん書き込みをがされたツーリングマップルが頼りになる相棒。

DSCF8654_R
お隣は、V70と書かれた新しそうなボルボ。
あちらからはポンコツとしか思われていないだろう。しかしこちとら2年で2台のボルボを乗り継ぐ立派な?にわかボルボ乗り。妙な親近感が湧いてしまうのは仕方のないことです。

DSCF8670_R
夕暮れを見ながらビールを飲み、一晩寝れば朝6時には到着。

DSCF8690_R
朝日を受けながら続々と降りてくるバイク達につい目が行ってしまう。彼らの旅の安全を祈るとともに、我がボルボ240が止まらないことを願いながら出発。

at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ツーリング 

2017年04月26日

胸のドコドコが止まらない(°_°)

2009年、リーマンショック後の仕事が超ヒマな時期に組んだSR500クランク&ピストン仕様のエンジン、不具合をおよび8年の不動期間を経て、やっとこさ復活しました。
2006年の新車購入時のエンジンなので、この車体には本来はこれが載っているべきなのです。

2017-04-24-11-03-12
ノーマル400エンジンを降ろすまでは早い。
あちこちボルトを外していくと、長年の振動によってかなり緩んでいるところがあって。手で回っちゃうところもあったり焦ります。
ボルトの緩みチェックは定期的に必要…とSR歴11年目にして思う。

2017-04-24-14-02-01
早く始動したい気持ちを抑えながら、各マウントボルトのトルクチェックをしながら組みます。
image
エンジンカバー、キャブ、チェーン、マフラーを取り付け、新しいオイルを入れて。
錆まくっていた左右カバーも、友人のバフ掛けにより異様なほどの輝き。

2017-04-24-18-04-50
一発始動です。
めちゃドコドコいってる!懐かしいこの感じ。しかもエンジンノイズ小さい!!
クラッチ繋いだ瞬間に判るこのトルク感!SRはやっぱり500が在るべき姿だな。
速く走る必要は無い。ゆっくり走るほどに楽しいバイクです。

とりあえずしばらく走って、調子を見ます。。。
ん??
2017-04-27-12-51-53
お決まりですが、都合の悪いことは見なかったことに。

at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)SR400! 

凹み

DSCF8474_R
ケンメリに付いたホコリと蜘蛛の巣を払いつつ水拭きしていると、目を疑いました。

DSCF8476_R
どーん。ペコリと凹んだケンメリのサイドヒップ。
痛いことに、塗装も割れています。
恐らくバイクのブレーキレバーか何かが当たったんだろうなぁ。

保管を他人に任せている以上、こういう場合のリスクはこちらが負わなければならないということです。
コーナーモールに当てられなかったのが不幸中の幸いか。(リバイブジャロピーで数万円かけて直したパーツなので)

昔のように、青空保管でもいいから手元に置くべきかと考えてしまう出来事です。。

at 20:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2017年04月25日

ボルボ240 ローター交換

DSCF8561_R
ボルボ240に乗り始めて5ヵ月。
普段は奥さんの通勤号ですが、ブレーキ時のジャダーがずっと気になっていて。
前オーナーの点検簿によるとフロントローターは前回車検で交換済み。イチかバチか、リヤローターを交換しました。

初めてボルボをジャッキアップ。1.8tアルミジャッキではさすがに重い。
しかし、240の整備風景もなかなか哀愁で良いですな。

DSCF8563_R
古いローターも特に減っている様子はなかったけど、交換後はジャダーは解消していました。欧州車はシビアなもんだなぁ。

今後もクルマを整備するなら、1/2"サイズの工具を揃えないと、ボルボクラスの足回りはキツイ。
3/8"だと全然力が入らないし、ボルト緩めるときに工具がたわんでしまう。
あとはやっぱりインパクトレンチやコンプレッサーが欲しいね。

その前に、ガレージが欲しい。

at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2017年04月23日

桜花

数年ぶりの高遠 天下第一の桜。
2017-04-23-11-48-39
今年は開花が遅れたものの、満開期間が長く続いていたそうで、広い公園の全ての木が見頃。
自分の中では過去最高の高遠桜となりました。
ただ口をあんぐりと開けて、あゝ美しいと言葉が漏れるばかり。

愛用デジカメX-E2のファームウェアをアップグレードで、電子シャッターが使えるようになっています。
2017-04-23-11-19-38

単焦点F1.4開放で、禁断の太陽直撮り。
シャッタースピード1/20000だとこんな不思議な感じ。

at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

10th ナカヨシホットオールズミート 2017_その2

つづきです。あとは人のクルマの写真を勝手に載せてくだけです。(オーナーさんありがとうございます)

DSCF8512_R
NHOMと言えばタテグロ。これを見るために来ているようなもんです。タテグロにしか目がいかない。割とマジで。

DSCF8507_R
シングルナンバーなのに、ナンバープレートが超キレイ。不思議に思って聞いてみると、陸運局で再発行してくれるみたいです。
色がかすれた当時ナンバーにも値打ちがあるけれど、本当に当時の新車のようなクルマというのもまた美しい。

DSCF8514_R
よく見かけるタテグロ。たぶんご近所。ホイール…というかタイヤがキマッてます。
ケンメリも、純正鉄チンで太タイヤ履かせるスタイルにしてみたい(…と3年くらい言っている)。

DSCF8516_R
ケンメリもステッカーチューンに走ろうかな。
しかしステッカーはセンスとバランス感覚が要求されるところ。
二輪デザイナーの友人(RZ250乗り)に相談してみようか!

DSCF8521_R
いい感じのカラー。絶妙なブルーはオリジナルペイントかな?
ホワイトリボンタイヤ

DSCF8524_R
このお目目がタマランのですよね。

DSCF8558_R
タテグロワゴンでキャンプしたい!

以上、去年に引き続きタテグロ編おわり

DSCF8559_R
ケンメリは1年以上オイル交換していなかったので、近所のタイヤ屋さんでやってもらいました。
思えば、ケンメリのオイル交換を自分でやったことは1度も無かったな。というかクルマのオイル交換自体やったこと無い。きっとこれからもやらないと思います。

at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2017年04月22日

10th ナカヨシホットオールズミート 2017_その1

DSCF8494_R
朝6時過ぎ、会場のエコパで青い鳥510ブルーバードと待ち合わせ。
ケンメリレストア中の代車がこの510という贅沢な旧車ライフですね。でも早くバリっと仕上がったケンメリでランデヴーといきたいところです。

DSCF8495_R
我がケンメリも久しぶりの登場。あっという間に4月ですが、今年に入ってからの出動はこれで2回目。7年超えたバッテリーで、2ヵ月寝かしても一発始動するソレックスとエンジンには我がクルマながら感心します。

DSCF8542_R
500台くらい集まったのかな。天気も良くて最高です。

さて会場のクルマ編
DSCF8553_R
バンデラさんのメリゴン(ケンメリワゴン)。これで都内を走ってれば目立つよな。

DSCF8548_R
ていうかメリゴンたくさん居ました。スゲー。キャンプ用にメリゴンを導入してみても面白い。でも部品調達には苦労したくないのです(旧車乗りに向かない?)

DSCF8532_R
走り系のケンメリ達。
ハコスカ・ケンメリはとにかく多いからオリジナリティを出したいが、なかなか難しいところ。変に目立たななくても記憶に残るシブい仕様に憧れます。今後の方向性はそっちかな。

DSCF8531_R
良い味出してるダルマセリカ。
L型ばかりの掛川ナイトに華を添えてくれてたご近所セリカちゃんは、お嫁に行ってしまって寂し限りです。

DSCF8527_R
いつかはMS40クラウン。
このサビれ感は作って出せるものでは無い!ケンメリでこれをやってもただのボログルマにしかならないのはなんでだろう。

つづく

2015年はこちら
2013年はこちら

at 21:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2017年04月11日

spring has come

DSCF8456_R
今年の桜は、満開に合わせたかの様な花散らしの雨と強風に泣かされました。
それでも、家から5分の隠れスポットは持ちこたえてくれました。出勤前の朝7時。
去年はケンメリで来たけれど、今年は環境も変わってそうもいかず。
バイクやクルマ弄りはしばらくお預けですが、水面下で計画進行中…? いや実際は何も進んでいないのです。

この春から、「目指せTOEIC500点! 中学英語おさらいコース」の先生をやっています。生徒は会社の同僚です。
中学英語を教えるのは、塾講師をしていた10年振りかな。
教えるということは、自分が完璧に理解していないと出来ない。そいういう意味では自分も勉強になっています。
2ヵ月やって、進行形、完了形、不定詞、動名詞まで終わり。これからいよいよ鬼門の関係代名詞、比較級、分詞。
ただし、TOEIC500点は一応高校卒業レベル?らしいので先は長い。あとは本人達のやる気次第。

at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2017年04月07日

レザートップがイカしてた

庭の盆栽をいじるばかりの週末が退屈になったら、ゴキゲンなロックンロールをしに行きましょう。

The Mackshow @SHIZUOKAimage

天皇陛下とスペイン国王の御来訪で盛り上がる静岡駅前に、革ジャンリーゼントでお尻フリフリ、トゥイスティンなアニキ達が集っています。

アンコールの最後は、なんと名曲リンカーンコンチネンタル。
おそらく数百回聴いた曲でしょう。ケータイの目覚ましアラームにしていたから。

憧れのクルマが欲しくて仕方なかったあの頃の気持ち、そして夜に響く愛車のサウンドに酔いしれたあの気持ち。
聴きながら思い出しました。


at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2017年03月31日

Smoky

IMG_7371
会社の同僚達が新居へ燻製パーティをやりに来ました。
キャンプ人(だった?)自分にとっては庭でバーベキューというのは面白味が無いので、燻製というチョイスが絶妙で有難いです。
スモークのチーズ、サーモン、チキンを食べながら、暖かな週末の午後を我が家で過ごすという生活はとても新鮮。
酒があればなお最高ですが昼間なので。酒はキャンプでやりましょう。

at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

Movin' on without you

3月は引越しのシーズン。引越ししてみました。
IMG_7352
こいつはアート引越しセンターに断られたのでボルボ240に放り込んで…。

そう、SR500エンジン、復活しています。
500クランク組んだのは2009年(8年前)か…。イカレて降ろしてから6年ほど転がっていたことになります。
何度も棄てようと思ったけど、ちょいと金を掛けたらあっさり治りました。
あとは載せ替えるだけ。。だけどそれにもやる気と時間がが必要。
それにもう工具なんて1年以上握ってないしな〜。レンチ回すだけで筋肉痛になりそうだ。

IMG_7226[1]
放置期間で真っ白にサビてしまったのが全く嘘のよう。鬼のバフ掛けをやってもらったクランクケースカバーは(いつもありがとうございます)、傷が付かないようにフレームに載せたあとに装着予定です。

IMG_7365
新居は、ボルボと夕日が似合う哀愁住宅。
週末はしばらく盆栽に精を出そうと思います。

at 01:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)SR400! 

2017年03月10日

哀愁ガレヱヂ

ガレージを手に入れた後輩。
DSCF8188_R
セル回らず不動になっていたハコスカを積載車レンタルしてここに搬入したわけですが、不動の原因が結局のところバッテリーの完全死という。
完全死すぎて、他車からジャンプしてもセルが回らなかったようです。

セルモーターまで替えたのも勉強代?
不動はまずバッテリーを疑え、という教訓でした。(自分も経験あり)

そして、
乗らないときはバッテリーを外す
定期的に補充電をする

ケンメリも最近はこれを厳守しています。
とはいえ頻繁に乗ってあげるのが一番良いのは間違いありません。

それにしても、ハコスカのこの姿、勇ましいな!
レストアついでにワークス仕様にしてみては。
まぁ、せっかくサーフラインの残るフェンダーを切るのはナンセンスか。

at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

ナイトランデヴー

春というにはまだ早い某日某所、掛川ナイト
良いオトナと古いクルマの懇談会です。

IMG_7301
子供がにゃーにゃー好きなので、マーシャル猫グッズも集めてみようと思います。

DSCF8097_R
初めて見える方もいましたが、残念ながらあまりお話できず。
いつの間にか、20代の旧車乗りが増えてきたように感じます。自分も乗り始めた頃は20代でしたが、やはりクルマ趣味を一番楽しめるのがその時期なんじゃないかなと。
旧車業界も若返りが必要なので、どんどん給料をつぎ込んでください。

少しずつ夜の寒さも和らぎ、バイクの方々もミーティングをやっていました。2017-02-18-22-39-13
バランバランという2stサウンドと白煙に痺れます。
次にバイクを買うことがあれば、2stと思っています。(たぶん買えない)

2017-02-18-22-42-16
ノートン。こんな古いバイクを転がすなんて、スゴイことです。。

そんなわけで、次回の掛川ナイトは未定です。

at 01:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2017年03月04日

動態保存

日夜、雨に打たれて放置されているバイク達。最近は花粉を被って酷いことに。
たまには動かしてあげないと。。と思いながらも、2台ともエンジン掛けるのにひと苦労。

この寒い時期でもキャブの中のガソリンは劣化するようで。
フロート室のガソリンを捨てれば案の定、セル一発でした。
R80の方は、あいかわらずタンク内の水分が抜けてないのかなぁ。

シングルビートとボクサービートを聴きながら。
近所迷惑にならない程度のアイドリングで終わりです。image


at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)SR400! | 単車

2017年02月19日

はなだん

毎年恒例の伊豆 河津桜
2017-02-19-13-24-25
今年は満開、天気も最高。

image
団子は欠かせません。

渋滞があったとはいえ、同じ静岡県内で片道4時間以上かかるのはちと遠い。
それでも毎年ここに足を運びます。

子供には、四季それぞれ季節の感じ方を教えたいと思います。

at 16:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2017年02月11日

のどぐろ

安い高いに関わらず味にはうるさい方ではありますが、久しぶりに美味いものをご馳走して頂きました。

2017-02-09-12-02-08
先輩が深海300mから釣った、のどぐろです。
網で獲ったものより活きが良く、相場も2倍になるとのこと。
捌いてから数日寝かして、皮の間から脂が身に拡散してきたところで炙りを掛けて食べるのが最高だそうです。

味噌汁ものどぐろで、どんぶりご飯2杯は軽くいけてしまいます。

2017-02-09-12-19-11
そんな食べっぷりをみた先輩が気を良くして、もう一皿出してくれました。
これで更にどんぶり1杯。

店で食べたら軽く2万円だそうで_(:3 」∠)_
これからしばらくはパイセンに頭が上がりません。

at 18:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2017年02月10日

いい面構え

もういい加減ボルボはいいよ、と思われるでしょうけれど、

2017-01-29-12-35-17
前回フロントバンパーの塗装が未完だったので、また高速に乗って奥さんの実家まで。軒先を借りてさっそくマスキングです。
(さすがにアパート駐車場で塗装は無理かな…)

DSCF8074_R
サイドシルも面倒なので同色で塗ります。

DSCF8077_R
面構えがシャキッとして、一段とイケボルになってきました。

240が我が家に来て2ヵ月。3000kmは何とか走り(走れ)ました。問題が無かったわけではないけれど、気にしていたらポンコツ車は乗れません。でも気になりますね。DSCF8082_R


at 01:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2017年01月08日

東→静

011495d9f45a418a77f5fffc933e48a600c7fc8fe2
しばらく前オーナーの多摩33ナンバーで走っておりましたが、ようやく名義変更。

個人売買に付き物のちょっとしたトラブルで、
旧オーナーの「車検証の住所」と「印鑑証明の住所」が異なったため、名義変更できず。
しかも車検証の住所が25年前の何か所か前の所在地のため、追加で送ってもらった住民票ではその繋がりを証明できず、戸籍抄本まで取ってもらう羽目に。

010b198f142f5d70278bf08d483d7465610ec75b8d
晴れて、浜松ナンバーへ。
旧車だとシングルナンバーや、2桁ナンバーだとそのクルマ自体の価値も上がるけれど(下手したら50万以上アップかな?)、別にボルボ240は旧車ではないから、未練無し。
赤の他人名義のクルマに乗ってる気持ち悪さが方が大きかったかな。

at 13:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

黒バンパーには樹脂ブラック

女性ワンオーナーだった我が家のボルボ240
これを良いと捉えるかはそれぞれですが、狭い都内で25年間使われてきた上に、運転があまり上手くなかったと見え、バンパーは傷だらけです。

016b022de30904d4dfea26d709ebefa4a4e0f8a669
ちょうどバンパーも日焼けしていたので補修です。
傷をパテで片っ端から埋めていくと、ほぼ全面に渡りました。。

01ad5b6839332f21ffec4a8b796a2604af4bc6aee6
カラー塗装するわけじゃないから適当にペーパー当てて、下塗りも無しで恒例の「樹脂ブラック」。

ボルボ940のバンパー塗装でもお世話になっています。最強すぎてもう手放せません。

今回は実家の納屋でやりましたが、リヤとサイドパネルだけで時間切れ。
一番酷いフロントはパテ砥ぎの状態で終わってしまいましたが、元がボロかったから大して変わらず。
この地域の冬はずっと強風が吹き荒れているので、しばらく塗装作業は難しそうです。。

ちなみに、バンパーからぶら下がっているのは…後付けの近接センサー。
壁のずいぶん手前からピーピーうるさいし、とってもダサいので剥がします。

この状態のまま走っていたら、信号で後ろに止まったバイク2台の「あれなんだろう?」という会話が丸聞こえ。。
そう、バイクって自車の排気音とかヘルメットのせいで大声出していることに気づかないものです。走行中に一人熱唱していると、歩行者には丸聞こえという。

at 12:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2017年01月07日

ボルボで冒険

年末年始のことです。

ボルボ240で初の県外進出。地元の千葉県まで、アクアラインを通って片道320劼曚匹箸覆蠅泙后今回もしっかりワコーズFuel‐1を投入し、さらに予備で2本を積んで。

何事もなく、到着しました。
燃費は高速走行2/3ほどの場合、レギュラーで10km/Lをちょっと超えるくらい。奥さんからは及第点を頂きました。
とは言え、その合格基準は『ボルボ940ヨリ燃費悪化ナキコト』なので、世間のハイブリッド車に乗るエコファミリーからすれば、我が家はエゴファミリーと言っても過言は無いでしょう。

元日から営業していた「カモキッチン」へ。
DSCF7857_R
鮮やかなオーシャンブルーのVWレイトバスの車内にもテーブルがあります。
今回は残念ながら先客あり。

DSCF7859_R
元日からハンバーガー。
今年はパティ自作を覚えてキャンプに持ち込みたいなぁ。←新年の抱負です。

DSCF7917_R
半年ぶりの鴨川シーワールド。
あいかわらずトレーナーさんは空をぶっ飛んでました。
娘もお魚さんを認識してきたので、前回よりも楽しめたようです。

at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2016年12月26日

ケンメリ走り納め

気づけば年末。
もう1ヵ月以上ケンメリを動かしてなかったので、プチドライブ。

コーヒー豆の買い付けに「まめやかふぇ」まで突撃したところ、市内きっての軟弱地盤エリアのため道路はアップダウン、腹下を擦りまくり。。

DSCF7682_R
まめやかふぇの手前にて。(店の前までは辿り着けず)

2016年のケンメリはこれで走り納め。

at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2016年12月25日

REST IN PEACE

2年前まで哀愁ガレヱヂに一緒に入っていた会社後輩のハコスカ。
ガレージを追い出されてからはトンとご無沙汰でありましたが、この度、新生・哀愁ガレヱヂを見つけたとのことで、冷やかしに行って参りました。

DSCF7665_R
なるほど、これは広い。(手前にもう一台入っています)
100平米もあるそうです。俺の雨ざらしのバイク達も置いてもらうかな…。
BBQコンロは、暖房目的だそうです。

DSCF7667_R
20代前半にして、この哀愁漂う達筆もなかなかのものです。

Restoreのつもりが、Rest In Peaceにならないことを心より願っております。

at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2016年12月24日

ワーコズ様様

DSCF7654_R
ボルボ240で、家族を乗せて初の遠出。伊豆高原のペンションへ。

正月に千葉帰省の予行練習みたいなもんです。
予行練習に付き合わされる家族はたまったもんではないと思いますが。

出発前の1週間ほど通勤で使用していましたが、正直エンジンの調子は良くなく、
毎回、突然アイドリング不調のような症状が出ていました。

そんな時はワコーズ フューエルワン(ガソリン添加剤)を投入。
とんでもなく調子良くなり、以降は不調は発症せず。
エンジンもスムーズに回るし、パワーも出てる。
フューエルワンはこれまでにケンメリや940にも気休め程度に(と言っても10本以上)投入していましたが、この変化は初めての体験となりました。
さっそく追加で4本購入。(信者か)

サーモスタット破損により、しばらくはオーバークールで走られていたのは間違いないので、燃焼が不完全気味だったり?カーボン溜まったり?するのかどうか素人には判りませんが。
とにかく、クルマの挙動に一喜一憂ですね。

DSCF7660_R
帰り道はクリスマスイブ。
一人掛川ナイトやってきました。旧車は1台もいませんでした。良かった?

at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月22日

洗車難民

DSCF7583_R
ボルボ240の試走がてら、天竜川の河川敷へ。

車検で外したホイールキャップがそのままだった。ダストで汚れまくったホイールを掃除してから付けようと思っていたら、ホイールだけ洗えるところなんて近所に無かった。
GSとかで洗えるのかな。

ケンメリは洗車をしたことが無いし、ボルボ940も1回洗車機に入れた記憶があるくらい。
どうやって洗車したらいいのか分からない難民状態でした。

純正の鉄チンの雰囲気もすごく良いのだけど、いかんせん汚すぎる。
千葉の実家に帰ったらホイール洗おう。もしかして道具とか必要なのか??

at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月21日

サーモス

ボルボ240の水温が全然上がらず、ラジエータに段ボールを貼るという荒業?定番?をやっておりましたが、ほぼ原因と断定していたサーモスタット交換。

恥ずかしながらワタクシ、サーモスタットなるものを見たことが無かったのです。
バイクは全て空冷だし、ケンメリは今のところ大丈夫(それでも8年はノータッチか…)

2016-12-17-08-29-03
とりあえずハウジングを開けてみる。ちょっとクーラントがこぼれるくらいだろう…と思いきやリザーブタンクのが全部ジャバジャバ出てきた〜。
急いでバケツで水を撒いて誤魔化しました。
今度からは横着せず、ちゃんとドレンから抜かなきゃダメですね。

2016-12-17-08-28-58
初めて見るサーモスタット現物ですが、素人目にも壊れてるのが判ります(右)

いつからこの状態だったのか…
前オーナー(女性)、新車から25年も乗っていて、水温計の異常とか気づかないものかな。
ディーラーの言いなり整備も大したことないですね。

装着すると、水温計もビタッと中央で安定。また夏頃になってきたら要観察です。

今度は、次世代アイドリングストップ機能の改善が必要となりそう。
つまり信号待ちなどで発進しようとするとエンジン停止する、エコな機能のことです。。はぁ。

at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2016年12月17日

間違い探し

DSCF7433_R
1991年式 ボルボ240 エステートGL
走行距離10万キロ、ワンオーナー。
我が家の赤いクルマシリーズに、仲間入りしました。

DSCF7522_R
家に持って帰ってきたら、そこには同じようなクルマがありました。いや、気のせいでしょう。
同じボルボの赤ワゴンでも、940と240ではちょっと違います。

こんな状態で2週間。
アパートの住人達からはおそらく「変な人」と思われていることでしょう。
しかし本当は「普通の人」なので、意外とそういうのは耐えられません。
2年半という短い期間でしたが、奥さんの通勤&買い物カーのボルボ940は、前々オーナーの先輩の元へ帰ることとなりました。
DSCF7531_R
走り去る後ろ姿を見ながら、「良いクルマだったな、またいつか乗りたい…」という感情が湧いてきます。

まぁ、振り返れば似たようなクルマ(240)が置いてあるのですが。

さっそくの作業。
DSCF7483_R
エキゾーストマニホールドのガスケット抜け(排気漏れ)の修理。
近くのクルマ屋まで夜な夜な押して運ぶというマイナートラブルもありながら、無事に完了です。
缶ビール1本で、車重1.4tのワゴンを押す羽目になった後輩氏、サンキューです。(俺は舵切りに専念)

その後、仮ナンバーでユーザー車検を取り、しばらく走りながら様子見をしています。

DSCF7480_R
クルマの受け渡しのとき、柿の種が好きだという話をしたところ、後日売主さんから荷物が届きました。

at 00:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日常 

2016年11月24日

ボルボミーティング

秋缶OFF 2016
ボルボ240 / 940の集まりに参加。

秋晴れの空の下、ラグーナ蒲郡Pにずらり並んだ四角いボルボ達。
IMG_6837

こちらは940御一行様
IMG_6840

うちの不肖940はこちら(左の赤色)。
IMG_6841
前日に水溜りに突っ込んで跳ねた泥とか、ブレーキダストで真っ暗なホイールとか、気にならないのが940の良いところ。
まぁもうちょい気にした方が良かったかもしれませんが、ワゴンは使ってる感があった方がいいんです。
うちの場合は、毎日これで奥さんが通勤しています。(自分はラパン)

こちらは240パイセン。
IMG_6839
帝人ボルボから'93年最終TACKまで勢ぞろい。

IMG_6835
驚きのワンオーナー58万キロ。しかもオリジナルEG、ミッションとのこと。
乗られているクルマが一番長持ちするという好例。少しの異常にもすぐ気がつくし、勘どころも判るから無駄な出費も無いんだろうと思います。

IMG_6836
かなり金はかかってる、とのオーナー談ですが。
来年のミーティングには60万キロ到達ですね。

IMG_6834
都会に似合いそうな洒落乙240
キラキラキャップとホワイトリボン最高。
ケンメリにもリボンタイヤ履かせたいこの頃です。
年間で数百kmしか乗らないから、次のタイヤ交換はきっと何年も先だけど。

昨年に続き2回目の参加となり、ボルボの世界観も僅かながら解ってきた気がします。
どのボルボもノーマル然とした中で、いかに個性を出すか、あるいはいかにドノーマルを維持するか、そんなのが飽きないボルボの楽しみ方なのかも。

at 09:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月13日

ガソリンの香りがしない

IMG_6832
重大災害につながりかねないガソリン漏れを修復。
前回の発覚から1ヵ月も経ってしまった。

SOLEX配管φ8⇒戻り配管φ5への変換に使用したジョイントの内径がφ2くらいで、これダイジョブ?という感じ。
戻り配管径が絞られたことによるフロート室の油面上昇も無かったから、いいでしょ。

燃料配管は、ずーっと前から仕様を見直したいと思っていながら、なかなか手が付かないところ。
とりあえず普通に走るし。燃圧計もレギュレータも設置せず、そのまま戻り配管に繋がっているという、良いのか悪いのかよく判らない仕様です。
常に燃料が循環しているので、夏場のパーコレーションは起きにくいのは間違いないですが。

とりあえずガソリン漏れが完治し、久しぶりに往くあてもなくケンメリで流します。
これが一番気持ちいいな。

馴染みの板金屋さんの邪魔をしていると、お隣の空冷VWショップのお客さん(20台前半?女子)がケンメリに食いついてきました。珍しいこともあるものです。
気を良くしたオーナーは、要らぬことをあれもこれもと説明していたようです。
七色ラメのテールは、テッパンの女子ウケです(当社比)。

at 02:16|PermalinkComments(7)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2016年11月12日

ヒストリックライダース

2016年 ヤマハ歴史車両デモ走行会(2016/11/5 @ヤマハテストコース)
IMG_6783
秋晴れの下、ヤマハの旧車が勢ぞろい。
(この写真はもう16時過ぎかな)

IMG_6831[1]
今回、自分はRZ250を運転する機会に恵まれました。
カブリ気味の2ストエンジンをなんとか調子付けて。とりあえずエンストしなくて良かった。

IMG_6780
2000GTとLFA
サウンドだけでいうと、実はどちらもあまり好みではない。
2000GTはちょっとジェントル過ぎるし、LFAのファンファン言ってるのは、自分には合わない。
白煙吹きながら、たまにゴキゲンを悪くするような、適度に哀愁を感じる乗り物が一番。

IMG_6784
お客さんが来すぎて、完全にキャパオーバー。
報道では来場者3000人とか? 入れなかった方も1000人くらい居そうな気がします。
デモ走行が終わってからもまだシャトルバスが入ってきて、急遽行われた第2ラウンドは、もう日暮れの中でした。
もし来年も開催されるのであれば、駐車場が最大の課題・難題ですね。

たくさんの写真はこちらから。
http://response.jp/article/2016/11/05/284892.html
http://response.jp/article/2016/11/07/284996.html
http://response.jp/article/2016/11/09/285099.htm


at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)単車 

2016年11月11日

折れない心を育む

image
本日もBMW R80
この1年あまり続くエンジン不調はガソリンタンクに水が浸入したものと断定できました。
ということでタンクキャップのパッキン(シール)を交換。

BMW純正のパッキンは1500円くらいする?ので、
「使える」とウワサのDAYTONA製の耐ガソリン汎用パッキンを@250円にて。

周智郡森町が誇る、リアルにインフォレストなメーカーDAYTONA。
きっちり使える部品を提供してくれました。

しかし…装着後のリークテストの結果、水入りの原因はここではなかったようです。。

タンクを空にし、キャップの上からシャワーで水を掛けたところ、
なんと、鍵穴から入った水がそのままタンク内に落ちていました。染みるなんてレベルではなく、ドバーっと底の穴から流れ出る始末。
これは修理できるのか…??

真の原因が特定できたのは大変喜ばしいことですが、イタチごっこはまだまだ続きそう。
しかし金を使わずに直さなければならない。
そろそろ心が折れそうです。でも折れた瞬間に、R80はバイク王に「飛ばされて」しまいます。

10年前、自分は塾の講師をしておりまして。
そこのモットーが「折れない心を育む」であったことをふと思い出しました。でも折れそうです。

at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)単車 

2016年11月01日

タンク浸水

BMW R80
化粧直しした部品を組み、ちょっと試乗するかと…全くエンジンかからず。
え、2週間前にツーリング行ったばかりだぞ???

セルはギュンギュン回る、プラグの火は飛んでる。わずかながら初爆はあるが全く続かない。
考えられるのはキャブ。

2016-10-26-22-39-19
近所の街灯の下でFCRキャブを外す。
ここ、なかなか良いスポットです。夜23時以降なら人も通らないし。
ただし、職質されたときのために身分証は携帯しておいた方がよさそう。(職質は学生の頃はよくされました…なぜ?)

部屋でフロートを分解すると、まさかの水混入(再び)。
とりあえずFCRをOHして組み付けると、エンジンはあっけなく始動。

問題は、なぜこの短期間(8月のタンク洗浄後)でまた水が入ったのか。

考えられる犯人は…こいつ?2016-10-22-11-08-31


じつはこのタンクキャップ、はちまる弐号機から昨年末に頂戴(交換)したもの。

思い返してみれば、エンジン不調⇒燃料フィルターに錆が出始めた時期的にも完全に一致。
うーん、軽い気持ちで中古品を使うと、こういうリスクがあるわけですね。

とりあえずこれ以上水が入らないよう、サランラップでタンクを覆っておきます。

at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)単車 

2016年10月31日

R80ぬりぬり2

引き続きBMW R80
2016-10-23-23-04-35
ブレーキローターも外して、スクレーパーと金タワシでサビをシコシコ落とし。

樹脂ブラックを使わず、普通のシャーシブラック(しかも耐熱じゃない)で吹いてしまった。。
極端に高温になるわけでもないし、剥げたら適当にタッチアップすれば良いでしょう。
しかし、シャーシブラック塗装のテカテカした安っぽさはイマイチ。
感スプレーで塗りました缶…じゃなくて缶スプレーで塗りました感がスゴイね。

2016-10-21-21-51-30
さて、ヤレ感を演出する最大要因の一つ。
サイドカバーの文字の日焼け。南側を向いていた方だけ、見事に消えました。
こちらはまだ手付かず。どうやって塗り直そうかなぁ。秋の夜長にちまちまマスキングか。

at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)単車 

R80ぬりぬり

相変らずドツボにハマっております、BMW R80

お金がかからない愛車との付き合い方、それは化粧直し。
ガソリンも減らない、タイヤも減らない。パーツも買わない。バラシて、塗るだけ。

2016-10-22-11-07-50
その仕上がりに評価の高い、デイトナ樹脂ブラックで、どんどん塗ります。
こちらはヘッドライトケース。普段はビキニカウルの中ですが、だいぶ埃を被っていたので、お風呂で洗ってシュー。

2016-10-22-11-09-47
かなりサビが浮いていたミラーもスチールウールでゴシゴシしてからスプレーひと拭き。
艶消し黒ですが、しっとり落ち着いた色で金属パーツにもお薦めかと思います。

2016-10-22-11-08-31
タンクキャップにもシュー。
この部品が今年ずっと苦しんでいるイタチごっこの被疑者とは…まだ気づいていませんでした。

2016-10-22-11-07-12
だんだん面倒になってきて、ヘッドライトステーは、新聞紙やら使い古しのペーパーウエスで適当に覆ってシュー。

簡単には塗れないフレームなどは、コンパウンドで拭き拭きして艶を戻します。

こんなのをやっていてもイマイチ気分は乗ってきませんね。
やっぱりバイクのベストシーズン、走らないと!

at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)単車 

2016年10月20日

くのわきキャンプ

川根のカフェ「ひぐらし」の店主から近くのお薦めキャンプ場を伺ったので、
善は急げ、さっそく次の日にチェックイン。

DSCF7245_R
くのわき親水公園キャンプ場。
「くのわき(久野脇)」が正解で、「くわのき」ではありません。
自分も含め、半分以上の人が間違っているかも…笑

DSCF7205_R
今回のキャンプから導入したコーヒーグッズ。
・PORLEX セラミックコーヒーミル ミニ
・Coleman パルテノンコーヒードリッパー
・NALEGEN コーヒービーンズキャニスター
・カリタ スコップメジャー

合計1万円くらい…
数週間お家で使って、ちょうど良い挽き加減や湯量も把握してから、アウトドア持ち出しです。

コップはもう8年、毎日使っているベルモント チタンダブルマグ。
初めてキャンプに行ったときに買ったものです。
コーヒー、紅茶、ビールまで、何でもこれで飲むのが一番うまい(マジ)。
職場のデスクでも使ってたから、もう軽く1000杯以上は飲んでるんだろうな〜。

そして、お豆は「まめやかふぇ」のマンデリン。
その場で焙煎してくれて、待っている間にコーヒーを出してくれるという。

さてコーヒーの方は。
ちょっと美味しすぎて、お店でお金払う気なくなるくらい。
金属フィルタードリップというのが肝心で、豆の油分を吸い取らないからビターかつオイリー、つまり苦くかつ油っぽい荒々しいコーヒーが楽しめます。
アウトドアに最高にマッチします。

DSCF7249_R
さて帰り道。朝から2杯もコーヒーを淹れたのに、またカフェに寄ってしまう。
ボルボのアンダーガードが外れたらしく、クルマの下を覗いていると、お隣のワーゲンtype2(レイトバス)のオーナーさんが応急処置を手伝ってくれました。
せっかくなのでコーヒーをご一緒すると、沼津ナンバーのバスちゃんはケンメリと同じ1973年式。オーナーさんの年式は私より幾分高年式かとお見受けします。
着ていた服のことや、クルマ屋の話で意気投合し、またクルマのイベントやキャンプ場で会いましょうということになりました。

DSCF7261_R
ポンコツボルボ940が繋ぐ縁。
こいつにはもう少し頑張ってもらわないといけません(買い替える金が無いから)

とりあえず、タイラップでスタビライザーにぶら下げたアンダーガードを何とかしないと。。

at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 
管理人
車名 : ナオキ
年式 : S58(33年落ち)
設置 : 静岡県西部
現在の愛車:
SKYLINE(Ken&Mary) '73
YAMAHA SR400 '06
BMW R80 '89
VOLVO 240 '91
SUZUKI Lapin '12
最近の写真
  • プチ掛川ナイト
  • プチ掛川ナイト
  • June has come
  • June has come
  • June has come
  • June has come
  • 九州へ 2017 その5
  • 九州へ 2017 その5
  • 九州へ 2017 その5
  • 九州へ 2017 その5
  • 九州へ 2017 その4
  • 九州へ 2017 その4
  • 九州へ 2017 その4
  • 九州へ2017_その3
  • 九州へ2017_その3
  • 九州へ2017_その3
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その1
  • 九州へ 2017 その1
  • 九州へ 2017 その1