2016年07月27日

エンブレム

2016-06-26-17-47-05
SR 1983年式のタンクエンブレムの純正新品。
30数年の雨風をしのいできたエンブレムはお役御免です。自分と同じ年、ゴミ箱にぽいと棄てるわけにはいきません。工具箱にでも貼られて余生を過ごすのも良いでしょう。

2016-06-26-22-35-11
夜、アパートの前の街灯を頼りに慎重に位置決めして貼り付け。

今年の夏休みはツーリングに行けるかな。
夏休み明けからはバイク通勤はしばらくお預けの予定。
乗らないバイク2台を青空保管は辛いな〜。

もう色々と手放せば楽になるかも、とマジメに考える今日この頃。
全部売ってミニバン買って、電動スライドドアが便利だよとか、リヤシート広々だよとか。。。そういうやつ。

at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)SR400! 

2016年07月26日

冷暗所にて保管ください…

01fa728fd8b54c1c522c0ee76b001cbab0989e4298諸般の事情によりケンメリの引っ越しをしました。
場所も少し遠くなるし、自由に出し入れ出来なくなりますが、シャッター付きの屋内車庫で防犯面や保管環境としてはかなり良くなります。
気が向いた時にちょっと乗ったり整備したりというのが、今まで以上に難しくなるのは辛いけど。。

at 23:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2016年07月17日

オーシャンシティ

014da42a381f6b5d035278e5ff0337ae1b4ce300bc
子供を連れて、地元の鴨川シーワールド(千葉)へ。
まだお魚はよく分からないかな。タカアシカニはめちゃくちゃ怖がっていたけれど。

014f433266fd580e9b5beedc8498acac729fb76666
3年前は、シャチがご機嫌を損ねていてショーが開催されなかったが、今回はやる気まんまん。
トレーナーさんもぶっ飛んでました。

010574efd2ff86c448581f4eb59abca25f5bb63ac3
無慈悲な尾びれ攻撃。これが10発以上は続くので、もう服が濡れるという次元ではありません。滝行です。

01dd253467d9c340406ddb9118b8d6f4797b3470f7
SNSで話題沸騰中の「農溝の滝」へ。自分達は混む前に行きましたが、今や休日は1日5000人が訪れるそうです。
今までに何十回と目の前を通り過ぎていたけど、地元ながら全然知らないところがまだまだあるなぁ。

010a70ac9b09f4548623a0d3e1ab71027610333403
片道320kmの道のり。ボルボはポンコツながらまだまだ良い走りをしてくれます。
こちらも地元の有名スポット、大山千枚田。
ほとんどが東京方面のナンバープレート。週末に都会から農業をしに来るのです。
ボルボV70R
新しいクルマには興味がない自分ですが、やはり"R"のエンブレムには弱いのです。
ポンコツ940は完全に霞んでますな〜笑 これは乗り換えか…

at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2016年06月26日

ヘタレキャンプ

バイク仲間とキャンプツーリングの予定が、天気が悪そうということで急遽クルマでファミリーキャンプに。

DSCF6109_R
今月二度目の明野キャンプ場、家で風呂に入ってから出発し、17時にチェックイン。
赤FDと赤ボルボが緑に映えます。

DSCF6096_R
我々のキャンプでは焚火などやりません。焚火こそキャンプの醍醐味という意見もありますが、エコキャンパーの我々は、いかに熱効率の高い火器を使うかを重視します。その点、七輪は最強。BBQグリルよりはるかに高い保温性を持っています。
…というのが常時FDの後部座席に七輪を載せているオーナーの談です。

DSCF6112_R
5年前に自家塗装したFD。設備はプロのものを使ってます。意外にも色褪せや剥がれも無く、良いコンディション。

DSCF6120_R
うちの色褪せたボルボも、シャキッと塗り直したいところ。。まぁそんな金があるなら他に修理するところはたくさんあるのですが。

DSCF6126_R
朝食を食べて片付けをしていると、仲間がアポ無しで登場。シングルバーナー持参で、コーヒーを飲みにやってきました。

これから世間のキャンプ場はハイシーズン。
混み合うのが苦手なので、うちは逆にシーズンオフかな。

at 18:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月25日

お化粧直し

DSCF6061_R
梅雨入り。ブーツにカビなど生えてしまわぬよう、クリーニングとお手入れを。
黒ホワイツと茶ホワイツを一気に仕上げます。

茶ホワイツは今年からキャンプでガンガン使っているのですが、意外とハードというかタフというか。
なかなかリアルワークブーツ然とした味が出てきませんね。
まぁ、あくまでセミドレスなので、あえてダメージを与えるような履き方はせず、手入れをしながらのゆっくりとしたエイジングを楽しむことにします。。5年後、10年後くらいには渋ーくなってくれているハズ。

黒ホワイツの方は、ずいぶん長く履いている気がしましたが、過去記事を見てみるとまだ4年か。
クロムエクセルレザーということもあり、1年くらいのあっという間に良い感じのエイジングが進んでますね〜。
自分の足にも完全に馴染んでいます。

at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ブーツ 

since 1983

ちょっと前に手に入れたSRの初期タンク

2016-06-19-11-14-25
板金屋のオヤジさんに外側のサビ落とし&再塗装をしてもらい、いよいよ装着です。
その前に、タンクキャップのパッキンは新品に交換しておきます。
燃料コックは、従来タンクから流用。

2016-06-19-10-50-46
別名、ナロータンクとも呼ばれるこの時代特有のスリムなライン。
純正加工シートとマッチするか懸念していましたが、まったく問題なく。

image
なんちゃって'83年仕様。
当然ながら、サイドカバー、シートカウルも、インジゴブルーという同色品で揃えました。(年式はちょっと違うかも)

ディテールに拘れば、どんどん純正に戻すべきだし、そもそもディスクブレーキが現行品という。
自分の中でのSR 10周年の気分転換ということでオーライ。

なお、YAMAHAエンブレムが曲がっているのに気づきましたが、仮留めなので悪しからず。。。
タンクが綺麗になりすぎて、エンブレムも新品にしたくなってきたな〜

ウインカーも当時物純正(通称おっぱいウインカー)にしたいな。

at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)SR400! 

2016年06月17日

黒いブーツ

ケンメリのシフトブーツ試作。
合皮のものは売られていますが、それでは面白くないのでラムレザー(本革)で制作します。
DSCF5901_R
とはいえ、レザーは高いので、紙とホチキスでまずは試作。
シンプルに見えて、折り返しや張り合わせが多いので、縫う順番もここでシミュレーション。

DSCF59081_R
本革を切り出していきます。
レザークラフト用のナイフを使いますが、今回は薄いレザーなので、ハサミで切れないこともない。

DSCF5912_R
はい、ミシンで縫っていきなり完成。
一応、ミシンの押さえ板をナイロン製にしたり、針も太いものにしてみたけれど。
布物と違って、マチ針が打てなかったりので布がズレまくる。
マスキングテープで張り合わせてやりましたが、曲線部とかは酷いことになりました。

まぁそれでも一応カタチになったかな。ちょっとフニャフニャですが。
もう1枚分の材料があるので、リベンジするか…
次回はしつけ縫いをする、フットコントローラで速度調整をする、糸を少し太くする、など改善点も見えました。

at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2016年06月14日

近場キャンプ

image
新車から10年となるSR400、5回目の車検。
余裕…と思いきや、まさかの光量NG。。。
なぜ???と思ったら、去年、ヘッドライト交換したんだった。。
そういえば夜の会社帰り、やけに光が散ると思っていたのは気のせいではなかった。
バルブ交換ではどうにもならないと判断し、一度帰宅して純正ヘッドライトに交換。
それでも何とか午前中には無事合格。ふう。
WM製のルーカスヘッドライト付属のレンズ、車検が通らないことが分かったので要注意。

さて無事に午前中に終わったので、急遽ファミリーキャンプに行くことに。
近くのキャンプ場を探して、荷物をボルボに積んで15時頃の出発。

DSCF5845_R
春野の明野(あすの)キャンプ場。
電話しても出なかったので、とりあえず来てみたけど、なかなか良いロケーションではないか。

DSCF5817_R
友人の結婚式で当選した松坂牛。キャンプで食べれば美味さも2倍!
この日、俺は誕生日なので、下手なケーキよりも豪華な、バースデー肉というわけです。
誕生日にキャンプに行きたいという妻もなかなかです。

DSCF5827_R
平日ともあって、貸し切りのキャンプ場。
管理人レス、明かりレス。水洗トイレと流しだけの必要十分なレベル。
家族で来ても、あくまでバイクキャンプのクオリティ(装備、雰囲気も含め)を維持したいので、ちょうど良いキャンプ場かな。
朝、管理人さんにもう一度電話すると、来てくれました
なぜか規定料金の半額以下にしてくれて、財布にもうれしいキャンプでした。

DSCF5848_R
帰りに、例のハコスカを様子見。まだちゃんと寝てました。
オーナーさん曰く、某マシンショップ製のフルチューンEGが載っているそうで。。
老後の楽しみとして、まだしばらく冬眠するのでしょうか。それとも…土に還るのが先か。

at 21:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)SR400! 

2016年06月13日

L型エンジン友の会2

DSCF5971_R
一番遅く到着のご近所ハコスカ。
車高があまりにも渋くキマっていて、思わず仲間から歓声。

DSCF5985_R
お開きにしてみんなクルマのエンジンを掛けたらやたら調子の悪い130ローレル。
日付変わってるのに、デスビキャップやらプラグを交換し始める旧車乗り達。俺は眠いのでカメラマンで。

DSCF5981_R
スマホで照らしながら恐る恐るデスビキャップを開けるオーナー氏。
点検や調整を一切やったことの無いオーナーと、ノーメンテの車両に突っ込み入れまくりながら、ワイワイやるのもまた楽し。

DSCF5977_R
当時物担当のY君。
日産サービスメカが居れば安心です。
ただし、彼もノーメンテ派なので、身体を張ったギャグです。コスプレということですね。

at 00:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

L型エンジン友の会1

某日某所、平和な夜の日産L型の集い。

DSCF5970_R
ずらりL型オンリーで13台(途中でA型サニーが合流しましたが)

DSCF5940_R
ハコスカ、ケンメリ、ローレル、S30Z、240ZG、510ブルーバード。定番どころは勢ぞろい。

DSCF5956_R
ヤンチャ担当のケンメリ。毎回、新しいアイテムを装着してくれるので楽しみです。今回は、クラウンの?角目ヘッドライト。片側が玉切れという哀愁仕様でした。
紫がピンクにオールペイントしたいとのこと。。止める人はいませんよ〜

DSCF5963_R
滋賀は彦にゃん市からわざわざこの集いのためだけに日帰り自走の超極上ケンメリ。。
ケンメリが軽く数百万円に異常高騰した昨今、極上という謳い文句もその釣り合わない金額の隣に並べるために使われてますが、これだけのクオリティは初めて見るかもしれません。
わずか3時間でUターンでしたが、楽しんでもらえたでしょうか〜!

しかし、もともと掛川市内にあった車両とのこと。たった今ブログ書きながら思い出しましたが、前オーナーはまさか…あのお方。
なんでこのとき気づかなかったんだろう…現車は見たことがありませんでしたが間違いありません。
先月もお宅にお邪魔したばかりです。ケンメリ業界狭すぎて鳥肌立ってきたー。。

01b9a7946fb528c05ddf6eb80eb6d457848e8830df
ちょ待て待て、ということは…うちのラパンに放り込んであるこの純正鉄チンは…このケンメリが履いていた物か。。
オーナーさん、純正鉄チン探してると言ってたな…スミマセンそれ俺が持ってました。。
また並べてお話しできることを楽しみにしています。

at 00:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2016年06月06日

6月エコパサンデーラン

前回ケンメリに乗ったのが5月サンデーランだから、まるまる1ヵ月ケンメリに触らなかったことになります。さすがに可哀想だなぁ…バカ高い維持費を払っている俺が。

エンジンは1発でかかります。7年目のバッテリーもまだイケるかな。
というわけで、天気がイマイチでしたが11時頃にノコノコ会場へ。

DSCF5873_R
天気のせいか旧車はほぼゼロ。ケンメリは他に1台だけ、ピンクのKさん。

DSCF5878_R
うちはボルボと一緒に行きました。チャイルドシートが付かないので、家族でイベントへ行くときはこうするしかない。

DSCF5897_R
久しぶりに握ったダットサンコンペ。やっぱり楽しい。
もうすぐ梅雨入りして、明けたら夏がきて冬眠(夏眠かな)。
旧車シーズンは短いな。

at 00:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

初期ナロータンク

SR 1983年タンク。初期タンクとか、ナロータンクと呼ばれています。
「インジゴブルー」という、仙台の友人が乗っていた思い入れの深いカラー。
10年前の記事を恐る恐る見てみると…結構たくさん画像があった。

a0c2147d
ヤフオクで買ってきて、うちでサビ取りをやったときかな。

1b52904d
ROCKERS!!
ペイトンプレイスの白いカフェシート。一歩間違えば族車みたいになるところを、下品にならず上手くまとまっているなと今見ても感心します。

9bc2ef43
そして俺が中型免許を取って新車が納車した夜。
バイク屋からそのまま松島までツーリングに付き合ってくれた。
6月の仙台はまだ寒くて、松島海岸で飲んだ缶コーヒーを超えるものは未だないなぁ。

3dc71237
これは鳴子温泉かな。この頃には、自分のSRはほぼ今の姿になってるな。
この2台で北海道も行ったし、なんていうか、やっぱり原点だなと。

(以上、回想シーンおわり)

思いのほか懐かしい画像が出てきて脱線したけど、要はこれと同じタンクを買ったということ。
2016-04-05-07-25-17
エコパのフリマで鍵付きで見つけて、思わず交渉して1万ジャスト。まぁ悪くない価格。

2016-04-05-07-25-28
外側が錆びてるんだよな〜
ということで要リペアです。。
でもタンク内は全くサビが無くてGood。

at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)SR400! 

2016年06月05日

SRミーティング

もう先月のこと。
デイトナにて開催されたSRミーティング2016。初参加。
自宅からデイトナまではエンジンも温まらない距離なので、AKO MOTORCYCLEの御一行に混ぜてもらいました。

DSCF5709_R
会場には多くのSRが。ほぼ県外ナンバー。関東や関西からきて、静岡のあまりの茶畑っぷりに驚かれたことと思います。
一番手前の黒×赤タンク、シンプルな定番カスタムなのにめちゃくちゃカッコいいな。
初期キャストホイールにダブルディスクが特に渋い。

DSCF5721_R
FCRサイド出し!意味は無いけど曲げる、そのひん曲がった根性がイカシてる。それともキャブの空冷効果を狙った新手のカスタムなのかも。

DSCF5724_R
ワンオーナー、当時ナンバーのS60年式SR500。
四輪旧車などは、当時ナンバーというだけで価格が30〜50万も上がったりもしますが、SRはそんなことは無いのかな^_^; その分さらに貴重と思います。ナンバーボルトの頭も、滋の文字が。
ご年配のオーナーさんはフルノーマルで全然目立んのですわ(関西イントネーション)と言ってましたが、ヘタなカスタム車よりも存在感ありますね。
SRも2018年で生誕40年、散々カスタムされて、そろそろフルノーマルの良さも再認識されてくる頃じゃないかな〜と思った一台。

DSCF5714_R
自分のSRと同じ2006年式、同カラーの1台。
マジで新車?と思うくらい綺麗で、オーナーさんのSR LOVEをドコドコ感じます。
DSCF5717_R
そしてなんと、2008年ヤマハ主催のSR 30thイベントの車検ステッカーまで同じ!これはテンション上がる!!
熱く語りたかったけど、オーナーさん不在で残念でした。

DSCF5731_R
我が愛車。2006年に新車で買って、気付けば10年か。
学生時代の足だった時代、テントを積んで北海道や九州を走り回った時代。ケンメリに手が掛かって乗らなかった時代、そして今また通勤の足として乗っている。
バイクの整備はSRしかやったことないし、それ以上は知らない。現在進行形の原点。
屋根も無く、雨ざらしだからたまには磨いてやらないとな〜。

DSCF5748_R
帰宅して西日を浴びる愛車を見て、ちょっとシミジミ。

at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月04日

オールドカー in K'zロード 2016

浜松の旧車イベントへお出かけ。(5/29)
ケンメリはいつものようにお留守番(というか1ヵ月くらい様子を見ていない)、ボルボ出動です。

DSCF5776_R
240Zのラリー仕様。ボルボに乗り始めてから、赤に惹かれる傾向があるようです。

DSCF5775_R
タケウチ社長のハコスカGT-R レーシング。
お店で何度か見せてもらったこともあるけど、「レーシングレプリカ」でなく、当時のリアルレーシングカー。S20サウンドも聴いてみたいものです。

DSCF5782_R
こちらはダイハツミゼット。
1949年に導入された軽自動車規格の静岡登録1号車だそう。しかもボディもオリジナルペイントの博物館クラス。。このナンバープレートを拝めただけで、来た甲斐があります。

DSCF5806_R
こちらはお宝級のS20と違って安心感のあるL型のハコスカ。
綺麗なエンジンルームにWEBERキャブ。
やっぱりセンス良くすっきりまとめることが大事だなぁ。

at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2016年05月21日

ハイ、リフト

2016-05-20-08-35-37
北の大地より、ファルケンタイヤ入荷。
送料がタイヤ代の2倍以上かかったのが辛いですが、185/80R14なんていうレアサイズ?なので仕方ないところ。

2016-05-21-12-12-02
半年間ラパンの後部座席に転がっていた謎ホイール(SSRメッシュのパチ?…一応JWLマーク有)に装着。

とてもハコスカ、ケンメリが履くとは思えないデカさ…。
ケンメリ純正サイズを175/80R14相当とすれば、外径636mm
このタイヤは外径652mmの計算。
スピードメーター誤差は、約2%低速側に表示されるので車検ではまったく問題なし。

さて気になる車高は…
例えば175/60R14から比較すると、43mmも上がります!!これはとても素晴らしいことです(何が?)。
これから仲間内で活躍してくれるはず。

そんなことばかりやっていて、肝心のケンメリはもう3週間くらい姿も見ていません。。
なんと、ガソリンがスッカラカンで、乗れないのです。

at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2016年05月18日

スピードワゴン

1年振りの浜名湖スワップミート。
0143cd2989c4527b0582d1415e44948a79afd1c1b5
誘導員さんの独断と偏見により、我がボルボ940はあろうことか「趣味車ゾーン」へと誘導されてしまいました。キャンプに活躍しているという点と、無駄に金がかかるという意味では趣味車ですが。。 
ケンメリ仲間のセカンドカー510ブルーバード、浜名バイパスをずっと並走してきたシトロエン2CV、ハチロクに挟まれ、一番デカイ図体でなんと肩身の狭いことか!

最近、ファミリーカーとしての旧車ワゴンに興味があり、ワゴンばかり目が行ってしまいます。
010bab5c5fe17829cdc1f37895fd4a21b83d01146e
1962インパラワゴン。
去年のCal Flavorでも駐車場に停まっていたな。
フルサイズアメリカンのどこまでも伸びるボディはキャンプ場に映えるだろうな〜。

01583f4c318fcf164ead9a0f1772a0852212cd4183
後ろも四角くてカッコイイ。
これだけ荷室があれるのにルーフキャリアに積載するのがシャレオツです。

018773272dbc5005a3c6ae1694cbbc7c7b2e47a63f
続いてもアメ車。
同じくインパラワゴンとダッヂ コロネットワゴン。
車両は意外と安いはずなので、維持費だけ何とかなれば乗れるのかなぁ。
その時はケンメリを降りなければなりませんが。

0171de918f268a72509a0b9e2d533b78b25cdc9f02
数年前からマイブームが続くタテグロ。
素性が知れたRBスワップの中古車あたりが狙いどころか。。

いずれにしても次のクルマの選定基準は、「楽しくキャンプに行ける」こと。
なかなかハードルは高いです。
ケンメリワゴン…という魔の選択肢も。。。

at 21:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日常 

2016年05月16日

帰路へ GW旅

戸隠蕎麦に舌鼓を打ったあとは、帰るだけ…
この天気ではそうも行かないでしょう!
完全にバイクツーリング気分になってしまい、妙高の燕温泉の野天風呂に行ってみることに。(野天とは言え、入っている方もいたので写真は無し)
1泊のつもりが気づけば新潟まで。。さすがに帰れないなぁ…ということで3泊目に突入。

01e0dd066fef3530ddc01b0c80c159ea6dd3a56265
シーズン開けしたばかりの山田牧場キャンプ場へ。
あいかわらず到着は日没後のため管理人さんはおらず、代金はポストへ投函。
ここは4回目かな。過去の記事によると最後は2013年8月のソロツーリングか。あっという間に3年振り。
この頃はBMWで走っていたなぁ。またロングツーリング行けるように整備しなきゃ。。

いつもはスルーしていたすぐ近くの七味温泉 「恵の湯」。
015f942ae055c4a28a5c456e61682efa0e20963a47

ここが今回の旅のハイライトとも言うべき良泉。
湯底に沈んだ鉄分で、足や手が真っ黒に。しばらく取れませんが。
タオルやシャツが硫黄臭くなって気分もさらに盛り上がります。やっぱり温泉は硫黄泉ですな。

妻も娘も大喜びでしたので、これでやっと帰路につけます。

GWの締めくくりは、本栖湖の芝桜まつりのダブル富士山0111b2a3129e81834187bc10ba948152bb91afd5a8


at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

蕎麦のGW旅

GWファミリーツーリング(ボルボ)2日目

基本的に完全ノープランなので、その日の行き先は地図のみぞ知る。
朝食を食べながら地図を眺めるのが、ある意味でキャンプ旅の醍醐味。ファミリーキャンプでもそのスタンスは変わりません。(妻は心配なようですが、毎度なので慣れたとのこと)。
キャンプ場から30分で行ける開田高原で、蕎麦を味わうことに。

01a3a506756b9ad81eb29af28f04374d7ecec35d96
香り高い蕎麦は言わずもがなですが、今回、老舗「霧しな」で食べた「そば粉ロッケ」が絶品。
しっかりコロッケでありながら、しっかり蕎麦です。

1泊分の用意しか無いものの、あまりの天気の良さと蕎麦の美味さに、次なる蕎麦を求めて、帰路とは逆に北上することになりました。
日が暮れる頃、白馬村に到着。予報によれば夜だけ雨が降るとのこと。これはボルボで車中泊のテストにちょうど良いと前向きに捉え、荷台で家族3人で川の字。幼少よりGMCのキャンピングカーで鍛えられた妻は何も問題なし。
居住性はテントと何ら変わらないし、設営撤去の手間が無い分こちらの方が楽かな。

017ce4035b817e9b5ec802d6c4aeba268d45776870
朝になってみればすっかり晴れて、シングルバーナーで焼くイングリッシュマフィンとコーヒーが美味い。クルマでのキャンプでも、シングルバーナー以上の火器は使わないようにしています。最近はなかなか出来ないバイクツーリングの雰囲気は残したくて。

017f06d265815b17cc11b2a68a39c15e96c4853584
白馬から鬼無里街道を抜けて、中央アルプスのパノラマを堪能しながら、戸隠へ。

蕎麦屋「そばの実」で1.5時間待ち。
01f2671b0325e6843f6785ff53a949ebb3f546374d
1歳の娘も蕎麦デビュー。
今回の蕎麦対決 [開田高原vs戸隠]では、戸隠で十割が売り切れていたこともあって開田高原に軍配かな。実に贅沢な食べ比べ。

01d2528789dfc8c26b4ce952802d44e11c8130b222
でもこの天ぷらは味、量ともにネ申レヴェル。
隣の席に出されたのを見て、思わず注文していたデザートをキャンセルして注文してしまいました。

at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2016年05月15日

木曽路のGW旅

01c718b14d46d1ac643f1e74a3915280551bbaa175
今更ながらGW 10連休編。
近場で1泊キャンプをしようと南木曽まで。近いと行っても岐阜県、ほぼ下道で4時間ほど。
新緑が気持ちいいドライブ日和です。

01d9739a8d26ac848bcc2a9ff8595902a11986d2ad
バイクでは3回ほど訪れている馬籠宿。
世間は平日、思ったより混んでなくてのんびり観光できました。

01dcc6cd70e0a0bfdadbcb6418c0d86ced1f2dbda7
国道19号にて、ジャンクセンサーが反応。20台ほどのリアルジャンクな旧車達。

01b83bacf3f3b9561adaf305bdb8a77a7e821cd681
話題の三菱。 ギャランGTOかな。

01b5dae056e0d87ce438397dfc115513b1dcf5bafa
CIBIEステーカーが哀愁です。いい感じに熟成されています。

016011ffce4c5d761dca9cecf7bae8369d6d06a16c
これは何だかワカリマセン。きっと国産車だけど、アメ車みたいなグリル。

0121edb978b5b19e7b2ab2ac181338a8b4e0fcc817
石の下にも3年。 …いや3年どころではないでしょう。

017157409cd9a5ac4969c94826b1d7e76ec2a15a3e
「星くずの兄弟」の絆はきっと永遠です。
今ごろはスーパーマリオブラザーズみたいになっているでしょう。

014fcb1a436f01a1ddee24deadc3b58ccc0e7a0aa1
こんな感じでみちくさしていたら、キャンプ場に着くころには日が落ちてました。
木曽古道キャンプ場」  隣に温泉もある、かなり良いキャンプ場でした。
バイク向けの格安パックもあるようです。ここはまたリピートですね。

at 04:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日常 

ジャンク日和

01f1c730457d8ce6b200a3087a75e7ccd29b824085_00001
ちょっと前のことですが、エコパサンデーランからの流れでジャンクなランチへ。
向かうは掛川の某有名なアンティークカフェ。道中は完全にシャコタンお断りなroadコンディションのため、300mほど手前の香港人が経営しているという解体屋にクルマを並べます。いい雰囲気ですが、ランチの間に解体されてタイあたりに流れないか心配です。

01194fdb89793afd46d9b5af87ccba9b44d9597ed9_00001
クルマを降りて、てくてく歩くシャコタン乗り達。

010f3342ffcd9b6939a9318589cc8633db325405cc_00001
着きました、Road前。
昭和な空間ですが、シャコタンは到着不可です。
オーナーからは、道路の中央の草を刈りながら来てくれれば良かったのに、とのコメント。

0138dc4513c707e305f2900dcbb48a15357bc678fd_00001
オーナーが最近入手したという、ダイハツフェロー。
ケンメリ達より、ちょっとだけ先輩です。

at 00:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2016年05月14日

ジャンクデビュー

019a570326f0669512128f1d69b7b0557c7f0353cb
業界で話題のショップ、ジャンクマスターさん
娘が生まれてからは連れて行っていなかったので、デビューさせました。
何事にしても、やはり幼少期からの教育(洗脳?)が重要かと思います。

015e9ed86c4d05ae49c18c4e491ad399965126227b
レトロ、とかアンティークとか、そんなお洒落な言葉は不要。
ジャンクです。

0134254537ac00a208f0b1972c44faea95129e27d8
BREレーシング風の増毛なラビット。
このカラーリングは反則ですわ〜 真似したい。。

at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月13日

ハチマルタイヤ

012e2dae3d334151a010de3032f4bf36252df8f8cf
今年の2月に会社でパンクしたBMW R80
金欠によりタイヤ代が捻出できずにおりましたが、雨ざらし保管のバイクは放置すると朽ち果てるのみですので、ブタさんの貯金箱を割って買いました。

フロント 120/90-18
リヤ 90/90-18

IRC RS-310という初めて見るタイヤをAmazonにて。
装着してみると、意外とパターンがゴツかったかな〜
乗った感じは割りとしっとりしていてGood。というかR80で新品タイヤを履くのは初めてなので、ようやくバイク本来の乗り味になったというわけです。

去年、FCRの左右同調が合ってなくて、2500rpmあたりでメーターと共振してとても不快。
ソレックスのフローメーターで見てみようか。。

at 00:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)単車 

2016年04月30日

プチ整備

久しぶりに自宅にケンメリを持ってきたので、何か整備でもしようかと。。
6年前にRockford Fosgateのデッキを組んだとき、超手抜き配線をしていたのを思い出して。

2016-04-29-12-04-26
恐る恐るセンターコンソールをひっくり返してみると、やっぱり酷い。かなり酷い。
配線をまとめつつ、大森メーター用のイルミ電源を引き出しておこうと思ったら、そんな配線は見当たらない。。そうかロックフォードはイルミ不要のデッキでした。
どこから取るのが正解なのかなぁ。。インパネ照明?ライトスイッチの下流?だれか教えてください。

2016-04-29-14-43-51
続いて、最近反応が悪くなってきたウィンカーのスイッチを分解して端子クリーニング。

なんだこれ、3年前まで使っていたスイッチと、接点の構造がまったく異なるぞ!
古いのは、レバーを倒すと内部の小さいブロックがスライドして、板バネ方式の接点を押すタイプ。(説明ムリ)
これは動くブロックの中にスプリングとコの字の接点が挿入されているタイプ。(写真で分るかな)。こちらの方が組み立ても簡単だし、接触の安定性も高い。

2016-04-29-19-20-17
ついでに、古くなってきたシフトブーツも交換してもとに戻します。
ただ、サイズがイマイチで収まりが悪い。もともと付いていたものより一回り大きい。
しかも合皮というのも、レザー愛好家としては非常にイマイチ。
本革シフトブーツを自作しようかな。

at 01:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2016年04月27日

発掘品

仕事で行った愛知にて。
訪問先の近くにあった旧車屋に入ると、見たこともないほどのストックパーツの山山山…凄すぎる。しかも全て販売しれくれるという。

DSCF5258_R
お宝の山から、ケンメリセンサーでこいつを発掘し、ウソみたいな値段でGet。
2000GTXの純正ホイールパネルです。

DSCF5268_R
さっと洗ってホコリを落とせば、まさかのグッドルッキン、グッドコンディション。
1枚だけなので、時計のムーブメントを組んで飾ってもいいかも。目盛が足りないか…

DSCF5278_R
大森の機械式水温計もいくつか転がってたので、センサー付きで一番状態の良いものをGet。
これで水温、油温、油圧の3点セットが大森メーターで揃ったので、装着するだけ。
…と思いつつ、実現するのは何年後かな。

DSCF5281_R
純正メーターは残したいし、センターコンソールに埋め込むのもあまり好きじゃない。
じゃあどこに付けるのか。センスが要求されます。。

むかーしのGワークスで、そんな特集があったような。

at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

タイワンテール

2016-04-26-18-07-35
奥さんのお買い物号、ボルボ940。
闇夜に怪しく光るテールこそ旧車の命。
20年落ち未満のクルマを旧車と言っていいかは疑問ですが、ポンコツ具合からすれば十分旧車かと。だってケンメリより遥かに手がかかる。
ということで、カサッカサになっていたテールランプを交換。

台湾製のヤフオク品。左右新品で13000円。
妙にキラキラと綺麗になってしまって、色褪せたレッドボディから逆に浮いたかな〜。

2016-04-23-16-20-20
続いて、フロントのブレーキローターとパッドの交換…
アパートの隣人達の冷たい視線に気づかないフリをしながら、作業します。
あ、ちょうど1家族、引っ越してきた。タイヤハウスの中から会釈をしますが、決して怪しいもんではありません。

2016-04-26-18-29-08
はい、いきなり作業終わり。

一度キャリパーまで外しておきながら、交換はなんとお店に出しました。。

ハブとローターが予想以上に固着していて、がんがんハンマー使えば苦情来るし、ウマに乗せたままラスペネ吹いて一晩放置なんてこともできない環境なので、諦めが肝心。。

うーん、完全に不完全燃焼。そしてGW前に財布がすっからかん。

とはいえ、交換前にはジャダーが酷かったブレーキのタッチと効きは劇的に改善。
まぁ毎日奥さんと子供が乗っているクルマなので、とくにブレーキ関係はケチることはできません。

at 00:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年04月25日

コレクター

いつかガレージにディスプレイするための哀愁アイテムをちょこちょこ集めています。
DSCF5275_R
時代不明の日産オイル缶。エレファントじゃないし、80年代?90年代?誰か知りませんか?
色が可愛いし、2個で1000円だったので良いでしょう。

巨大なエッソ君もイカすアイテム。
片手を上げても頭の先に届かない仕草が、うちの娘みたいで可愛いです。
しかし公式の和名は「いってきくん」。シブすぎます。

DSCF5269_R
ケンメリの手提げ。これは可愛い!
名古屋の方のオリジナル品だそうで。エコバッグにするには小さいけど、これからの季節、お弁当を入れてピクニックに最適かと思います。
将来、娘がおつかいに行けるようになったら、これを持たせるつもりです。

DSCF5282_R
他にも2ドアや色々な車種がありましたが、そこは浮気するわけにはいかず、さらに一枚、4ドアのブルーも買ってしまいました。
いや〜可愛い。自己満足度の高いアイテムです。

at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月24日

ファミリーキャンプ

DSCF5194_R
子供が1歳になったので、いよいよファミリーキャンプ開始です。

うるぎ星の森オートキャンプ場
キャンプに必要なあらゆる設備が揃っているところで、普段なら行かないジャンル(充実系と名付けよう)のキャンプ場ですが、最初ということで。春休みも終わり、電源の無いサイトはほぼ貸切り状態。

DSCF5203_R
まだ焚き火は危ないので(といっても俺はあまり焚き火は好まないが)、SOTOの溶岩プレートを導入。
なかなか雰囲気は良いのだけど、シングルバーナーだと熱効率が悪いのと、大人2人分の食材を乗せるとすぐ溢れてしまう。内心、これは普通にフライパンで焼けばよいのでは…笑 と思いながらも、遠赤外線が肉の旨みを閉じ込めていると言い聞かせながら食べる牛肉もまた美味し。

DSCF5206_R
そうこうするうちに日も落ちてきて。
ファミリーカー、ボルボ940もようやくワゴンとしての能力を発揮できて嬉しそうです。なんせ、俺が引き取らなければ廃車コースだったわけで。

DSCF5242_R
夜、見上げれば北斗七星。ひしゃく座ですかね。このほかはオリオン座くらいしか知りませんが、子供が物心つく頃までにはキャンプで星を教えられるようにしたいもの。いまはiPhoneアプリで調べられますがね。

ちょっと残念だったのが、「星降る夜」を謳うわりに、夜間の照明がけっこう明るいこと。
星空はとにかく暗闇が大事なのですが、充実系のキャンプ場ではちょっと難しいかな。

さすがに3人でこのテント(バイク用に買ったクロノスドーム2型)は小さい…

at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2016年04月06日

桜散るまえに

DSCF5170_R
家族でお花見に行ってきました。
近所で見つけた穴場で、まったく人が居ない。来年からもここですね。

DSCF5164_R
ノスタルジックヒーロー風(?)のカット。

DSCF5188_R
その足で、法多山でも花見をしながら厄除け団子を。

花より団子、花よりケンメリ
日本に生まれて良かったと一番思える季節。

at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月04日

新年度ナイト

数ヶ月振りの某日某所、掛川ナイト。
気温的には旧車のベストシーズンと言えますが、花粉がボディに付着するのはイタダケナイ…ということで相変わらず夜にこっそりミーティングです。DSCF5027_R
今回はバランスよく、ケンメリ5台、ハコスカ5台くらい、Zも4台くらい。そして130ローレルが1台と、オールL型エンジンで勢ぞろい。

DSCF5008_R
当時物&ヤンチャ担当の若者も、一周まわって純正風が良いと落ち着いたようで、今回はフェンダーミラーを装着。

DSCF5004_R
ホイールはダサカッコイイ?CAROL。こちらはケンメリ仲間(今回は欠席)の根性磨きによる全面ポリッシュです。うーん指紋なくなりそう。。

今回はテールランプ特集をどうぞ。
DSCF5022_R
毎回来てくれる240Z
今回集まったZは、みんなエンジンをきっちり作ってあるのかなぁ。どれも音が綺麗。キャブ車でもあんなに安定したアイドリング音がするのは驚き。

DSCF5029_R
こちらは静岡市から初参加のハコちゃん。
ケンメリの丸テールよりも、「旧車」って感じがしますね。

DSCF5039_R
お馴染みケンメリ。こちらは2Drハードトップに輸出テールの組み合わせ。
本来は外側のみ点灯したはず。(うちのケンメリも最初は輸出テールでしたが、すぐ交換してしまったので忘れた)

これだけ走りのクルマが集まると、昼間のツーリングに行きたくなってきます。
要件としては、なるべく人が少ない、昼飯が美味い、適度なワインディング有り、駐車場が広い、などを満たす場所かな。
とにかく渋滞だけにはハマリたくないので、時間と場所が決め手になりそう。
山の方か、浜名湖周辺かな。

at 00:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2016年03月21日

321

013c79f1d1f3b6d60f718e8b7f81112425aba37014
娘が早くも1歳
自分はお父さん1歳、奥さんはお母さん1歳
ということで、仕事を午後半休にして、家でホットケーキとコーヒーでお祝い。

この1年はケンメリにはほとんど触れず、乗れず、バイクも通勤だけ。
それでも夜に抜け出してたまに仲間と集まることを許してくれている奥さんに感謝。

今後、ケンメリの出動率を上げるには…
やはりチャイルドシートを装着できるように工夫するしかないなぁ。

ここで問題は、一般的なチャイルドシートは、3点式シートベルトしか対応していない事。
ケンメリはフロントはオプションの3点式だけど、チャイルドシートを乗せるべきリヤシートにはそもそもベルトが無い(当時の法律に則るため問題ない)。
ラッシングベルト等で無理やり固定するしかないのかなぁ。純正シートが痛みそうで、実施せずに早1年か。

at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月20日

トゥイスティン

0149eaa1d223f603f354277881c1a8c471ea30f3cb
愛知県西尾市の吉良RODEOにて、ロッケンローなライブイベント。
The Mackshow。

のどかな田園風景に似つかわしくないアメ車と、生涯現役な革ジャンの昭和人たち。
キャパ100人程度かと思われる小さなライブハウス、というよりむしろバックヤードガレージといった感じ。

01c1eb0e9f26b2f367d13525fb09b8eae1d7e6937e
なかなかグッドルッキンなポジションでゴキゲン。
ただし演奏中に撮影など、野暮な真似はナシだぜ…
目の前のオッサンが1曲毎にiPhoneで動画撮影してて、挙句MC中にFBに投稿なんか始めたもんだから、さすがに頭にきて腕を下ろさせた。。 
家でYouTubeでも観てろや…(とは言ってないけど)

それ以降は、精神の落ち着きを取り戻して(?)、ロッケンローできました。
麝香グリースでキメていたせいで、自分が放つ麝香の香りにクラクラ。

ちなみに、このライブハウス、ここです↓

at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2016年03月19日

ミントすぎるコンディション

a通りがかりのお店に、極上すぎるケンメリ(4ドア)が居ました。
もちろん触っちゃいけないが、触るのも憚られるようなコンディション。メッキやモールの輝きが尋常ではない。鼻先10cmまで近づいてグルリと凝視してしまった。
まだ、こういうタイムスリップしたようなクルマが居るんだなぁ。ハコスカもケンメリもどんどん海外に流れてしまっているらしいけど、やっぱり昭和を活きた国産旧車は、ネクスト旧車ジェネレーションが乗り継いでいかなきゃとも思う。もはや若者が手を出せる金額ではなくなってしまったが。

自分のケンメリは手元に置かなくなってから早2年以上。めっきり乗る機会、触る機会が減ってしまった。
来年くらいには同じ屋根の下、いや隣の屋根の下かな、一緒に住める予定。

at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2016年03月06日

ブラウン セミドレス

ホワイツ セミドレスブーツのお手入れ。
使用頻度はブラックと比較して少な目なブラウンですが、少々色の抜けが気になってきました。

2016-01-26-00-16-46
御用達のEnglish Guild Bees Rich Cream
ずっとナチュラル(無色)を使ってきましたが、新たにダークブラウンを買ってみました。

2016-01-26-00-13-30
塗る前(写真右)と比較すると、白っぽくなったところが自然にカバーされてちょうどいい感じ。
少々チョコレートみたいな艶になってますが、1日履けば落ち着いてくるはず。

2016-01-26-00-14-52
サイドビューも良し。踵からくるぶしにかけてのラインがセクシーだと感じたら最後、ホワイツ以外のブーツは履けなくなります。

at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ブーツ 

2016年03月05日

吸気音

2016-03-05-10-05-04
気づけば春。
ケンメリを持っていることをすっかり忘れていて、もう1ヶ月もボディカバーすら外してませんでした(._.)

午前の内に家を抜け出し、ソレックスの調整を。制限時間は1時間。
正月明けの車検時の排ガス検査で絞ったままで。。タコメーターの針はフラフラしてるわ、アフターファイヤーはバラバラ出るわで。
ようやく調子の良いソレックスサウンドに。

そのまま近所を一周してすぐガレージに舞い戻り。
短い週末の旧車生活。

at 13:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年02月28日

河津桜 2016

今年も伊豆の河津桜まで、天城越えキャノンボール。

朝5時半スタート。参加車はボルボ940。ただしドライバーは二日酔いで使い物にならない。
というわけで奥さんに3時間半ドライブしてもらいました。

2016-02-28-10-26-31
さすがの河津桜、満開は若干過ぎたもののパワー溢れる色と花房です。

image
去年も今年も雲ひとつない快晴に恵まれて、気分は最高ですね。
そろそろ家族キャンプをスタートする予定なので、ボルボの活躍に乞うご期待!
(あれ、ケンメリは??) (._.)

at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2016年02月02日

二重苦

image
氷点下になりそうな夜22時
会社から帰ろうとBMWのところに来ると、まさかのパンク。今朝やたらと車体が重かったのはこれが原因だったか。

かと言って歩いて帰れる距離でもないし、公共交通機関も無い。
とりあえずゆっくり乗って帰るかと思ったら、なんとバッテリーも上がっていてセルが回らない。あろうことかキーを抜き忘れていた。

子供を寝かしつけている奥さんに電話して、30分かけて来てもらうことに(°_°)
…寒い(._.)

ハイオクかつ軽自動車より燃費が悪いバイクで、この寒さのなか通勤する意味は全くなく。。
そこに道があるから、というこじ付けをするバイク乗りの意地だったんですが。
凍えながら、マジでテンション下がってるなう(°_°)

at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月30日

ショックな出来事

前回の車検から2000kmしかメーターが進んでいない。タイヤも全然減りません。
旧車は走ってナンボですが、さすがに乗らなすぎかな。
ついにガソリンもレギュラー100円を切ったことだし、今年は通勤メインで使っていきます。

車検用の鉄チンホイールから、ようやくアルミに戻します。
ついでに下回りをチェックしていると、なんとエナペタルショックの上側ナットが…無い。
image

ブッシュへの締め込みなので加減が難しいところではあるけれど、完全に整備不良です。とりあえず在り物のナットで固定。
パーツリストを見ると、正しくはセルフロックナットでした。
さっそくディーラーで発注しましたが、次にケンメリの下回り整備が出来るのはいつのことやら。。

at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2016年01月12日

New Old Stock

クラシックアメ車の世界では、現存する当時物新品アイテムのことをNOS Partsと呼んだり、あるいは古着業界ではDead Stockなどと呼ばれていますが、
まさか1976年式ケンメリの新車がこの2016年に売りに出されるとは!

aaa

ケンメリ業界は激震が走ってい…るかどうかは定かではありませんが。
未登録の新車だそうです。
歴代スカイラインでもっとも販売台数が多かったケンメリだけに、
どこかのクルマ屋の倉庫に新車から眠っていたのか。
それとも熱心なマニアの「保管用」だったのか。(アイドルの写真集みたいな)

aa
「フルレストア」って、スカイライン系ではプラス査定ですが、リアルなクラシックカー業界では「それって旧車の価値無くない?」という評価だと思われます。
「新車みたいな」旧車も、あぁ金かかってるなぁ、という感じで。
このケンメリはそういうのを超越して、思わず敬礼ポーズをとってしまいそうです。

車検証の初年度登録は平成28年の3桁ナンバーとなるわけですが、保安基準は当時の規格が適用されるのだろうか。。製造年が証明できれば問題ないのかな?

at 22:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年01月11日

ロンサムズ

きのう1月10日は、言わずと知れたケンメリの日。
ケンメリの型式C110、GC110にちなんでおります。

DSCF4537_R
まぁ、集まってみればいつもの掛川ナイト。いつもの仲間とクルマ達。
ケンメリは(このときすでに1台帰ったので)7台。うち6台が4枚ドア。
類は友を呼ぶのか、静岡では4枚がアツいのか。

DSCF4558_R
正統派シャコタン、近所のあんちゃん仕様(?)、ナンパ仕様(誰?)、車検仕様(俺の…)と、それぞれのスタイルでケンメリを楽しんでいるのも良いところ。
十メリ十色まであと一歩でしたが、真冬の日曜夜に、みなさん酔狂なことです。

DSCF4555_R
怪しげな光を放つ当時物ロンサムカーボーイが泣かせます。
ふと、「哀愁」の訳語として"lonesome"が適当なのでは?と思い調べてみると、
1928年の『都会の哀愁』なるアメリカ映画の原題が『LONESOME』。
哀愁。平成の我々がポンコツ旧車を愛でる特有の感情…。あれは昭和のロンサムカーボーイ達が自分の愛車に抱いたものと同じだろうか…

DSCF4562_R
フェアレディZは2台。
貴婦人には、ロンサムという言葉は似合わない。エレガンス。

DSCF4563_R
ハコスカは3台。(この2台は、上の写真とはまた別です)
このボンネットの開き方はやっぱりカッコいい。
しかしエンジンルームの整備性は悪いようで、作業時は常にフェンダー寄り掛かるので凹んでしまったとのこと。
エンジンも足もフルチューンで、「相当」速いらしいです。

いつも同じ場所、クルマ、配置、時間帯のため、写真の構図バリエーションがありません。。
SPEEDHUNTERSでかっこいい構図を盗んでみよう。
http://www.speedhunters.com/2015/01/star-road-kenmeri/


at 23:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)ケンメリスカイライン 

2016年01月09日

路線変更

2年に一度、憂鬱になるケンメリの車検シーズン。
43年落ち大古車1台、18年落ち中古車1台、軽自動車1台、中型バイク1台、27年落ち大型バイク1台を1馬力で維持していくとなると、自分でやるしかありません。

DSCF4451_R
現在のアパートでは、タイヤ交換も憚られるので、東名高速で奥さんの実家まで行って鉄チンホイール装着。
今回はちゃんと8mmスペーサーを挟んで、ようやくフロントも装着完了です。
超久しぶりにホイールを外した姿。渋いなぁ。。

DSCF4475_R
とりあえず農道で試走&撮影会。
フロント175/65R14+車高調で12mmリフトで、約20mmアップ。
これでチンスポを外せば、落ち着いた雰囲気でオトナなケンメリになることでしょう。

DSCF4482_R
リヤはスプリングはそのままで、185/70R14。
フェンダーにグッと奥まった鉄チンが、昭和91年の農道に映えます。
うーんいい感じ。

L型に乗ってて何ですが、シャコタン・ツライチ・引っ張りには大して興味無いので、
このまま路線変更もアリかと本気で思ってしまうほどカッコイイですね。

DSCF4486_R
で、正月明け初日の超ガラ空きの車検場へ。前に1台も居ません。
ソレックスの排ガス検査であいかわらず苦戦。
いくらパイロットとスロットルを調整してもHC値が2000ppmを切らない(規格は1200ppm)。
ギリギリ3回目で800ppmまで落として合格。ふぅ危ない。
前回は検査直前にプラグを新品にして通ったけど、今回はケチったのが仇になったか。

他はすんなり通ったので、2014年の前回と比べればかなり楽だったな。
これでとりあえずあと2年は延命。

at 00:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)
管理人
車名 : ナオキ
年式 : S58(34年落ち)
設置 : 静岡県西部
現在の愛車:
SKYLINE(Ken&Mary) '73
YAMAHA SR400 '06
BMW R80 '89
VOLVO 240 '91
SUZUKI Lapin '12
最近の写真
  • 通勤号
  • 通勤号
  • 通勤号
  • シャキッと
  • シャキッと
  • シャキッと
  • シャキッと
  • シャキッと
  • シャキッと
  • ドイツ紀行6
  • ドイツ紀行6
  • ドイツ紀行6
  • ドイツ紀行6
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行4
  • ドイツ紀行4
  • ドイツ紀行4
  • ドイツ紀行3
  • ドイツ紀行3
  • ドイツ紀行2
  • ドイツ紀行2
  • ドイツ紀行2
  • ドイツ紀行1