2007年11月25日

「である」は独り言

2年ぶりにTOEIC公開テストを受けた。問題形式がリニューアルされてから初めての受験。
英語の勉強も2年ぶりだったので、ブックオフでテキストを買った。
リスニング練習やればまだまだ伸びる余地ありだな、という感想。「やれば」ね。
テスト終了後に何故か咽び泣く婦女子在り。そんなに出来なかったのかい?

そういえばこのブログ読んでる人に指摘されたことが一つ。
語尾の「です・ます」と「だ・である」が統一してない時がある、と。
これ、わざとです。たまに入れる「ら抜き言葉」もわざと。
意図は?ん〜結構複雑な心理状態が絡んできてるのではないでしょうか(笑)
最近ヌーノ・ベッテンコートを聴きまくってる影響で、トリックリズムが好きなのかも。

いわゆるバイト言葉「〜でよろしかったですか?」「1000円からお預かりします」が毎回すごぉ〜く気になる人間なのです。一応、塾講師という立場上、基本的な日本語を知らないと思われてもアレなので言い訳してみます。
必死だなオレ! でも語彙が少なく一般常識を知らないのは確かである。

at 21:57│Comments(0)TrackBack(0)日常 | 管理人について

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
管理人
車名 : ナオキ
年式 : S58(34年落ち)
設置 : 静岡県西部
現在の愛車:
SKYLINE(Ken&Mary) '73
YAMAHA SR400 '06
BMW R80 '89
VOLVO 240 '91
SUZUKI Lapin '12
最近の写真
  • シャキッと
  • シャキッと
  • シャキッと
  • シャキッと
  • シャキッと
  • シャキッと
  • ドイツ紀行6
  • ドイツ紀行6
  • ドイツ紀行6
  • ドイツ紀行6
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行5
  • ドイツ紀行4
  • ドイツ紀行4
  • ドイツ紀行4
  • ドイツ紀行3
  • ドイツ紀行3
  • ドイツ紀行2