2016年08月22日

避暑放浪記 喜多方編

9日間の夏休み。実家には帰る気がしなかったので、完全ノープランの夏。
家に居ても暑いだけなので、何も決めずにテントをボルボに放り込んで東北道に乗りました。いつものパターン?
自分はこの気楽旅スタイルが好きなのですが、ちゃんとプランを立てたい奥さんには不評かもしれません。
とは言いつつ、半分くらいボルボを運転してくれたり(自分は助手席で昼寝)、行き先をスマホで検索してくれてます。助かる。

いつもどおり福島の猪苗代あたりで力尽きて東北道を下ります。
会津若松 東山温泉の無料キャンプ場にチェックイン。
背あぶり山キャンプ場DSCF6567_R

サイトが無料なだけではなく貸しテントなども無料という、驚きのキャンプ場。
街からもそんなに離れていないのに、山の頂上から猪苗代湖を見下ろす絶景。
こんな良いところ静岡に無いもんなぁ。。あれば毎週行ってしまうな。

ここでダットサン520(車検切れにつき代車のハイエース)の後輩が合流。
彼はファミリーキャンプに憧れつつも、なかなか家族の理解が得られないそうです。まずは近場の何でも揃ったキャンプ場で慣らし運転から始めてはどうでしょうかね〜。

DSCF6622_R
翌日、喜多方ラーメンの超人気店 まこと食堂へ。10時着ですでに店外で1時間待ち。。
10年くらい前かなぁ、仙台のmixiツーリングコミュ(死語…もといノスタルジックワード)で4台で来たときはこんなに列んだ覚えは無いんだけどな。
あっさり醤油で、最初から最後まで飽きない優しい味。
放浪旅だからこそ、食はしっかり抑えたいところ。満足度高し。

DSCF6594_R
観光地の定番、昭和懐かし館。ついつい入ってしまいます。
娘はテレビが珍しいようです。うちはテレビが無いので。アンパマンとかも知らないと思います。
ブラウン管なら置いてもいいかもな。だけど地デジとか映るんだろうか。

DSCF6603_R
ピンク電話と、謎の看板。
装身具と言っても飛躍した想像をしてはいけません。これは靴底に入れて身長を高く見せる道具だそうです。

続く

at 19:12│Comments(0)TrackBack(0)お出かけ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
管理人
車名 : ナオキ
年式 : S58(33年落ち)
設置 : 静岡県西部
現在の愛車:
SKYLINE(Ken&Mary) '73
YAMAHA SR400 '06
BMW R80 '89
VOLVO 240 '91
SUZUKI Lapin '12
最近の写真
  • 九州へ 2017 その5
  • 九州へ 2017 その5
  • 九州へ 2017 その5
  • 九州へ 2017 その5
  • 九州へ 2017 その4
  • 九州へ 2017 その4
  • 九州へ 2017 その4
  • 九州へ2017_その3
  • 九州へ2017_その3
  • 九州へ2017_その3
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その1
  • 九州へ 2017 その1
  • 九州へ 2017 その1
  • 胸のドコドコが止まらない(°_°)
  • 胸のドコドコが止まらない(°_°)
  • 胸のドコドコが止まらない(°_°)
  • 胸のドコドコが止まらない(°_°)
  • 胸のドコドコが止まらない(°_°)
  • 凹み