ツーリング

2017年05月14日

九州へ 2017 その5

DSCF8885_R
杖立温泉の鯉のぼり祭
5年前、九州を発つ最終日、ここに来てからフェリー乗り場へ向かったのを覚えている。
写真には全然写りきっていないけれど3500匹の大群だそうで。この日はいい感じの風が吹いていて元気に泳いでいた。
風が吹いていないと吊るされたシシャモのようになるそう。鯉のぼりも子供の元気な方がいいね。

2017-05-04-13-06-39
我が旅も、だんだんと帰路モードに。
実は帰りのフェリーが取れておらず、陸路で帰るかなぁボルボ止まらないかなぁと心配していたわけだけど、奇跡的に2日前にキャンセルが出て速攻スマホで予約。

そんなわけで気持ち的に余裕が出たので、別府で温泉三昧、食三昧と。
築80年の旧宿屋の2Fでやっている「アホロートル」の野菜カレー。
インパクトがある店名はウーパールーパーのことらしい。

2017-05-04-17-23-45
すっかり眠くなってしまい、高速の運転は奥さんに任せてお昼寝。フェリー乗り場のある北九州に到着。
今回は山ばかりの旅だったので、港に着くと旅の終わりと哀愁を感じるなぁ。

2017-05-04-17-07-10
昼にカレーを食べたばかりでお腹は空いていないけど、門司港レトロに来たからには"焼きカレー"。

以上、2017年GWの旅は終わり
家族で行く楽しみと、やっぱりバイク旅がしたいなという気持ちが織り交ざった良い旅でした。
週末に家族を置いて出かけることは難しいから、日〜月(有休)でソロキャンプに行く作戦を実行してみよう。

帰りのフェリー乗り場で、近所のSR系バイク屋さんAKO-MOTORCYCLEさんファミリーとばったり。
あちらも浜松ナンバーのボルボ240を見つけて気になっていたとのこと。
AKOさんとは、7年以上に今のケンメリを買うときにその旧車屋で居合わせた以来のご縁で。
先月号のLightning誌でもでっかく載っていたりと、応援したいショップ!
SRは当分やることが無く仕事はお願いできないので、陰ながら、ということで。

at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月13日

九州へ 2017 その4

再び阿蘇に戻り、「天空の道」へ。
1年前の地震で大きな被害を受けていたことは知っていたが、かつて何度も訪れた場所は一度見ておきたい。
2017-05-03-10-43-00
道も半分くらい崩れ落ちていて、当然車両の立ち入りはできない。
こういう生活道路でも観光道路でもない抜け道?的なところの復興は後回しになってしまうんだろうな。
自分のような観光客は、金が無いなりに旅先でお金を使うことが復興支援になるのだと思います。高原でガソリン入れたら超高くて後悔したけれど。まぁ差額は募金のつもりで。
2017-05-03-11-42-20
通りすがりの辻さん。迷子になっても大丈夫でしょう。

2017-05-03-14-30-42
阿蘇一宮「とり宮」"馬ロッケ"
ニンニクがピリッと利いていて美味い!

at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月12日

九州へ2017_その3

家族連れと言えどバイク旅の自由気ままモードは崩したくないため、
宿泊地以外の目的地はまったくの未定。とりあえず滝を巡ることに。

生茶のCMで有名になった「鍋ヶ滝」
2017-05-01-11-41-04
滝の裏側に回ることができる。
5年以上前に来た時よりキレイに歩道と階段が整理され、まさかシャトルバス、有料ゲートまで出来ているとは思わなかったけれど、滝周辺は昔のまま残っていて良かった。

お次は、宮崎まで足を延ばして、高千穂峡へ。
2017-05-02-14-15-02
ここに来たのは確か2009年。初めて九州に来たときかな。
時間配分を間違えて夕方5時頃に一人で到着し、さっと見て終わってしまった場所。
そのあと阿蘇まで戻って、真っ暗な山道を泣きそうになりながら走ったのを覚えている。
今ではGoogle Mapが教えてくれるルート、渋滞情報、予想時間のお陰で間違いのないルーティングができるけれど、紙の地図だけを頼りに走り回っていたからこそ見られた景色や体験がロングツーリングの魅力なのかなと。

高千穂では平日にもかかわらずボート2.5時間待ち。せっかくだから乗ろう。

2017-05-02-16-49-39
ボルボ240がやたらとガラガラ鳴りだして、下にもぐるとマフラーパイプがぱっかーん。
通りすがりのモータースの兄貴に応急処置をしてもらって助かった。
25年落ちは一応旧車の部類になるのかな。ポンコツとの境目くらいか。
我が家のメインカーは、このくらいでヘコタレていては務まりません。

といっても溶接しなきゃダメだなぁ。金が無いからしばらくはこのまま…

at 10:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月30日

九州へ 2017 その2

今回はファミリーツーリングということで、一応の宿泊地のみは決めておいた。
1泊目 大阪-新門司フェリー
2泊目 Snow Peak 奥日田 キャンプ場(大分 日田)
3泊目 Snow Peak 奥日田 キャンプ場(大分 日田)
4泊目 ライダーハウス Ripapa亭(熊本 南小国)
5泊目 ライダーハウス ムジカ(大分 安心院)
6泊目 新門司-神戸フェリー

これだけ決まっていれば上出来である。

まずは湯布院 下ん湯2017-04-30-10-01-45
(奇跡的に誰も居なかった)
5年振りに訪れた湯布院は、日本語が聞こえるだけで安心するほどのK率。ちょっとクラクラしてきて、早いとこ阿蘇を目指そう。

DSCF8735_R
やまなみハイウェイを通って阿蘇に上がるのがツーリングライダーなら定番コース。
ボルボ240もちゃんと旅感が出て、サマになっているね。

2017-04-30-16-44-28
初日から2軒目のお風呂。黒川温泉 山みず木
ここは過去に何度も訪れているけれど、とても宿泊できない貧民のためにワンコインで入浴させて頂けることに毎度、感謝感激。

2017-05-01-19-59-47
今回のキャンプは、燻製に挑戦。
貧民キャンプにつき、燻製器(スモーカー)は百均のボウル×2と網だけ。
チーズ、煮卵、ウインナー、サーモン。
いきなり現地で初挑戦のわりに、何でも魔法のように美味しく仕上がってる。

ナッツはカゴに入れておくといいみたい。これも百均。2017-04-30-21-35-25


at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月29日

九州へ 2017 その1

20代の頃は毎年のようにバイクで走り回った九州。もう5年も経つのか。
その間に変わったもの、それは熊本の震災だったり、自分の環境もある。
でも変わらないものもあるはず。九州で出会いお世話になった人達や、純粋に旅を楽しんでいた自分にも会える気がして。

ボルボ240にキャンプ道具を放り込んで、大阪のフェリー乗り場を目指します。
目的地無し。経路未定。
たくさん書き込みをがされたツーリングマップルが頼りになる相棒。

DSCF8654_R
お隣は、V70と書かれた新しそうなボルボ。
あちらからはポンコツとしか思われていないだろう。しかしこちとら2年で2台のボルボを乗り継ぐ立派な?にわかボルボ乗り。妙な親近感が湧いてしまうのは仕方のないことです。

DSCF8670_R
夕暮れを見ながらビールを飲み、一晩寝れば朝6時には到着。

DSCF8690_R
朝日を受けながら続々と降りてくるバイク達につい目が行ってしまう。彼らの旅の安全を祈るとともに、我がボルボ240が止まらないことを願いながら出発。

at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月16日

川根浪漫

嫁さんは仕事へ行った。子供は保育園に送り届けた。
よし行くか、BMW R80。

さて、バッテリー上がり気味のため、押し掛けを…。
3回失敗し、息も絶え絶えになっているところを、アパートの大家さんが通りかかる。

森町の県道63号を抜け、川根路を目指します。
この63号が曲者で、すれ違い困難な1車線が延々と続く。相変わらずズルズルと滑りまくるタイヤに神経をすり減らしながら到着したのが…
2016-10-14-14-23-43
大井川鐵道 笹間渡駅の駅舎カフェ〜
ひぐらし

2016-10-14-14-41-40
ミルキィマンデリンとココナッツチーズケーキ、600円。コスパ高し。女子力も高し。

隣の席の若夫婦が(宇都宮から来ているらしいが)、「この辺でパン屋をやりたいんですけど物件ありませんか?」とか、店に入ってきた女子が「キングレコードからデビューしました」とか、平日の午後3時なのになかなかパンチの効いたお客さんが多いように感じました。

ここは無人駅で、改札以外にもホームにはどこからでも上がれます。
ちょうどタイミングよく来た来た〜2016-10-14-15-30-32
煙りを吐きながらゆっくりと進入する鉄の塊。前後にゆっくりと動くメインロッド。SL浪漫す!

2016-10-14-15-29-43
運転手さん!キマッテマスナ〜。

この駅のSLは自分が独り占めでした。新たなお散歩ツーリングスポットになりそうです。

at 10:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月22日

ENDLESS RAIN

休日。雨。妻と子供は出かけた。何度カーテンをめくってもやっぱり雨…
よし乗るか、バイクに。

先週FCRの加速ポンプOHで好調のR80。カッパを着てバイクを出します。

行く先は、北条峠の蕎麦屋。天ぷらが無性に食べたくなって。
片道65辧雨では2時間、この蕎麦はその価値があります。IMGP0359_R
乗るたびにどこかおかしくなるR80。今回は割とマズイ事態が。
路面はうっすらウェット、50km/hくらいで軽くリーンしたところ、急にフロントの設置感が消えてふわっと…。気のせいかと思いながらも気になりつつ、蕎麦屋に到着。

帰り道は本降りの下り坂山道。
コーナー手前、30km/hくらいの直立状態からふつーに減速 ⇒リア完全ロック!
迫るガードレールを見ながらフロントブレーキで辛うじて停止。
そのあとも前のクルマの減速に合わせてブレーキするだけでロック。
履き替えたタイヤ(IRC RS-310)のせいなのか。
それともリアドラムが湿って所謂カックンブレーキになっただけなのか。。

IMGP0363_R
SRも含めればリヤドラムブレーキ歴10年以上ですが、このような経験は初めて。
もともとリヤ制動力のコントロールにはかなり問題があるこのR80。カックン現象については次のウェットコンディションで再検証してみる必要あり。

ともあれ、安さにつられて買ったタイヤは安全面もさることながら、精神衛生上もよろしくない。500kmしか走っていないが事故っては元も子もなし。替えようかな。

at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月26日

しらびそキャンプ2014

毎年恒例、会社のバイク仲間と行くしらびそ高原キャンプ。
標高2000mで11月は水道が凍ってしまうため、10月最後の土日と決まっています。
いつの間にか、7回目。

DSCF5559
いつもはこの時期では紅葉は終わっているんだけど、今回はまだまだ真っ盛りという感じ。空気も暖かい。

DSCF5567
キャンプ場からの眺め。南アルプスの山々を眺めるサイト。
いつも木の葉は散って、時期的にキャンプ客も少ない、心なしか寒々とした雰囲気なのだけど、今回は上のロッジにもキャンプサイトにもたくさんの人。
天体望遠鏡をスタンバイしている人も多いです。

DSCF5572
我々も、バイク9台。久しぶりの大所帯ツーリング&キャンプです。
それぞれが小さなシングルバーナーで料理を作ってシェアするのが、バイクキャンプの定番スタイル。

DSCF5598
秋の雲だねー。

DSCF5619
夕日が沈むのをSRを並べてしみじみと眺める。
日没を見届けたら、いよいよキャンプタイムの始まり。

DSCF5681
みんな満点の星空に夢中で、今回の料理は手抜き。。一番おいしかったのは焼き芋かな。
例年は寒さに凍えながらのディナーだけど、今回はビールが美味い(=寒くない)ので拍子抜け。
期待していた氷点下どころか、たぶん5℃以上はあったのでは。。

DSCF5715
あまりに星が綺麗なので、初めて星空を撮ってみることに。セッティングが良く分からないので、とりあえずシャッタースピード20秒にすると、なんとなく星が写った。
次はもっと上手く撮れるように、三脚を買って、撮り方もちゃんと調べてみよう。

DSCF5718
流れ星?と思ったら飛行機でした 笑
本物の流れ星は肉眼でちゃんと見ました。オリオン座流星群だったのかな。

今年はあと、11月の獅子座、12月のふたご座流星群!

at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月21日

陣馬形山キャンプ場(今年2回目) 雲海

DSCF4306
5時半に起きると、朝日は南アルプスの向こう側から上ってきます。

DSCF4346
下界の街並みは雲海に覆われています。

DSCF4316
朝ごはんは、最近マイブームのフレンチトースト。
厚切りパンに卵と牛乳を染み込ませ、バターで焦がし目をつければ、コーヒーとの相性も最高。
余った牛乳は、ホットミルクにして体を温めよう。

帰り道、R151沿い、阿南町の「かじかの湯」へ。
気持ちの良いお湯(とろとろのアルカリ泉)と香ばしい十割そば。満足度高し。
DSCF4403

今回は、大学時代の友人が神戸からはるばるバイク3台でやってきた。
そのド根性に感服。また星空の下で集おう!

at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

陣馬形山キャンプ場(今年2回目) 星降る夜

今年の7月にも行ったばかりですが、陣場形山キャンプ場へ。
いつの間にか「天空のキャンプ場」と呼ばれて、急激に人気度が上がったように思います。

DSCF4231
奥さんをケンメリに乗せて、突撃。
標高1400m以上まで、延々と続くワインディグロードを秋風を感じながらドライブ。
すれ違いが困難な細い山道も、軽微な腹スリ2回で無事に(?)到着しました。
さすがにここで旧車を見たことはありません。

DSCF4213
目の前に中央アルプスを望む絶景。ケンメリも長旅お疲れ様。
高所で空気が薄くなりソレックスの燃調がずれるものの、ゴボゴボ言いながら坂道を登ってしまうL28エンジンのトルクに感心します。

DSCF4266
磐田市の「まるかわ餃子」
甘さとニンニクのハーモニーが素晴らしく、我が家のキャンプの定番アイテムです。
テント張ってすぐビール飲みたいときに、焼くだけ超簡単、超うまい。

DSCF4278
最近よく作る、チキン香味焼き
途中の道の駅で買った地場野菜を使いました。
バジルとブラックペッパー、マジックソルトを適当に振っておけば間違いない。

満点の星空と、ときおり現れる流れ星の下で飲むビールは格別。

at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月31日

まだ。俺達の夏は終わらない2014

夏の最後にSR400でひとっ走り。
行く先は、三重県は志摩観光農園キャンプ村。もう6回目かな。
ケンメリで2回、ラパンで2回、SRで今回を含め2回。

今回の参加車両は4台。
俺以外は、みんなサードバイクで参戦。たくさんバイク持ってますね。
メイト90、WR125、NOUVO125。
IMG_2195
天気予報が悪く中止も考えたけど、フタを開ければ俺が晴れ男ということもあって(?)快晴です。
フェリーに揺られながら、夕食メニューを考えるのが楽しい。
IMG_2250
14時にはキャンプ場に到着。
相変わらず、常に手入れの行き届いた綺麗な芝生サイトだなぁ。
IMG_2224
ささっと設営して水着に着替え、御座白浜海岸へ!
キャンプ場から続く小道を下ると、すぐに砂浜が広がるという最高のロケーション。
IMG_2225

IMG_2227

青い空、青い海、白い砂浜、そして白い三十路男が4人。IMG_2231

足が付かないところを300mくらいガチ泳ぎして、腹を空かせて晩酌に備えます。

ディナーはオリーブオイルのアヒージョ、チキンの香味焼き、マグロステーキ&焦がしマヨネーズのマスタードソース(*^_^*)
IMG_2239
朝食は、4枚切りの厚切り食パンで作ったフレンチトーストと、モーニングコーヒー。
うむ、最高!!
レシピ本は、ヒルマン佐藤さんの「おひさまキッチン」を持参してます。
佐藤さんの料理、しばらく食べてないなー(*_*)

at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月17日

みちのく二人旅2014 大黒PA

旅の締めは、お約束の大黒PA
実家から戻る途中にあるので、通りかかれば寄ることにしています。

この日は日曜ということもあり「変なクルマ」は多いけど、国産旧車は控えめの模様。
ハコスカ1台、S30Zが2台くらいかな。

P8174570
所有したい欲求は特にないS30Zだけど、やっぱりカッコイイ。うちの奥さんも、街中でZを見かけるとビビっと反応するようです。

P8174568
デロリアン。チューニング次第で空も飛べるし、タイムトラベルも可能です。なかなかストリートで見かけることは無いね〜。

P8174583
ミニ達。平和の象徴です。

他にも、R30スカイラインが大量発生していました。ミーティングでもあったのかな。
また高級スポーツカーも多いですが、この日、首都高でガチャピン色のランボルギーニが全焼していました。何が原因なのかな。もったいないことです。

我が家のプレミアムライトウェイトスポーツ、ラパン
今回の旅の総走行距離は、2350km。 結構走った!

at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月16日

みちのく二人旅2014 地元鴨川

ようやく地元の千葉県鴨川市に帰省。
長い寄り道をして、2000km近くかかってしまいました。

P8164515
どうしても海で泳ぎたくて、もう夕方近い15時に仁右衛門島への渡船に乗る。

P8164523
手漕ぎ船に揺られて島が見えてきました。
…といっても、太海漁港から5分、目と鼻の先だけどね。子供の頃は泳いで渡ったこともありますが、冒険心を失った大人は手漕ぎの風情を味わいます。(料金同じだし)
さすがにこの時間から渡島する客はおらず、貸切便。

P8164528
この島にはサンドビーチは無く、磯がメイン。そのお陰で透明度はかなり高く、上から海底がはっきり見えます。
小学生の頃はこの綺麗な海に、それこそ毎年20回とか入っていたんだよなー。実は完全に海育ちなのです。

この地域は海風のため、クルマ、自転車、バイクはすぐに錆びてしまう。旧車はとても維持できないね。
海沿いを走った後にケンメリのフロントガラスに付いた塩を見ると、気が遠くなります。真水で洗い流したいが、そもそも水をかけたくないというジレンマ。
まぁ今回は、現代の「水をかけても錆びないラパン」なので、安心して洗車機に突っ込めます。

P8164544
さて、カラスの行水のような海水浴を楽しんで、帰りの船に乗ります。
また来年は、ゆっくり泳ぎに来よう。

at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月15日

みちのく二人旅2014 心の故郷仙台

念願の奥入瀬と酸ヶ湯温泉を堪能し、思い残すことはなくなりました。

次の目的地は、高速道路で南下しながら、サービスエリアで地図を広げて考えます。

ふと、最近のオールドタイマー誌(or ノスタルジックヒーローかな)で、取材されていたクラシックカーオーナーが、仙台市内でユースホステルをやっていたのを思い出しました。
スマホで検索すると、『道中庵ユースホステル』という古民家を移築した宿舎で、雰囲気があってかなりの評判のもよう。
さっそくTEL、さすがにお盆休み真っ只中では当日予約など無理でした。無念。

もう、気持ちは仙台モードになってしまい、仙台宮城ICで降りて秋保温泉へ。
学生の頃は研究室を抜け出して、よく原付でこの温泉に入りに行ったものです。

P8144474 - コピー

牛タン(仙台仕様の厚肉)をスーパーで買出って、市内のキャンプ場へ飛び込みでチェックイン。

P8144468 - コピー
大倉ふるさとセンター キャンプ場
二人でなんと、500円
今回のキャンプから、タープを導入しました(テントの前にある茶色いやつ)
Snow Peak ポンタタープ
かなり高級品ですが、まだ上手く使いこなせていない。。

P8154489
翌朝は、大学に残っているバイク仲間に来てもらって、定義(じょうぎ)如来へ。
ここも、学生時代はよく来た場所。当時住んでいたアパートから単車で流して30〜40分、名物の三角あぶら揚げ、焼おにぎり、揚げまんじゅうを食べるのがいつものメニュー。
あぶら揚げ屋さん、儲かりすぎて、建屋が新しくなっていて風情がなくなっていましたが、それもまた時代の流れ。

at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月13日

みちのく二人旅 2014 木漏れ日

P8134383
八幡平からさらに北上し、十和田湖のほとりにて。
風が強くて湖面は波立っており、さながら海の船着場のよう。

ここにクルマを置いて、ずっと行きたいと思っていた奥入瀬渓流を散策。
P8134408 - コピー
軽い気持ちで歩いたら、たっぷり2時間半。日頃の運動不足で足腰が痛いf^_^;
でも木漏れ日、せせらぎ、荒々しい流れ、瀑布と変化に富んだ遊歩道。
土産屋のおっさんのアドバイスに従い、下流側から水源の十和田湖に向かって歩くのが正解。
P8134440 - コピー
水の流れを下から見上げながら歩いた方がダイナミックだし、ゴール近くでこの滝が迎えてくれる。所々に路上駐車して、ピンポイントだけ見る人が多いようだけど、奥入瀬の魅力の1割くらいしか伝わらないんじゃないかなー。
P8134459
歩いて小腹が空いたところに、好物のきりたんぽ鍋。真夏ですが半袖では肌寒いくらいなのでちょうどいい。

キャンプ地は、酸ヶ湯温泉の隣にある酸ヶ湯キャンプ場。
お風呂はもちろん酸ヶ湯温泉のヒバ千人風呂。日帰り入浴時間が終わってからも入れるチケットをもらえるので、広々のんびり浸かることができます。

キャンプ場は、トイレ洗面場は超綺麗、ゴミ捨て可、利用者のマナーも良し。
受付の人は山奥なのにサーファーっぽい。
二人で1500円。

最後に、奥入瀬の写真をあと2枚。ほんと変化に富んでいて飽きない。
P8134421

P8134422


at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月12日

みちのく二人旅2014 初日

我が家のグランドツーリングカー、ラパンGTが頑張ってくれて、一気に秋田県は八幡平に到着。
夜中に静岡を出て、昼過ぎに着いてるんだから、近いような遠いような。一人で走るバイクと違い、ラパンなら奥さんも運転出来るので長旅ではとても助かります。

さすが軽自動車、850kmで給油も1回で済んで素晴らしい燃費です。もちろんクーラーは使わず高速でも窓全開。
平日なので高速代は1万超えたけど(°_°)

八幡平は3年連続、4回目の訪問ですがいつも濃霧で。今回ようやく景色を眺めることが出来ました。
気温は昼過ぎでも17度。藤七温泉の強烈な硫黄の泥湯で温まり、大満足です(*^_^*)

P8134339
そしてすぐ近くの後生掛(大沼)キャンプ場。去年夏はくまモン出没により閉鎖されていたけど、受付、設備、雰囲気ともに素晴らしく文句の付けようがありません。
2人でテント1張り 1200円

P8134344
早朝6時から、八幡平ビジターセンターのガイドさんが、大沼を一周する遊歩道を案内してくれます。少し曇っていますが、この時間帯に雨が降らなかったのは2週間ぶりだそう。さすが晴れ男(誰?)
2014-08-13-08-24-44


at 15:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

みちのく二人旅2014 道中

2014-08-12-07-49-04
我が家のラグジュアリーハイウェイクルーザー、ラパンちゃんは今年も東北道を爆走中です。

昨日の22時に出発して、現在朝8時、ただひたすら北を目指して福島は安達太良山の麓まで来ました。
そろそろ今日の目的地を決めないとf^_^;
秋田のどこかで温泉に入ろうかな。

at 07:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月12日

日本最高

画像1
蓼科の田んぼ道
蝉がジージー鳴いていて、日本の夏って感じがします。
こういう何でもない風景が好き。一人旅なので、行き先も、立ち止まるのも自由。

この日は、八千穂高原駒ヶ池キャンプ場。
安い旅ですが、バイクでもガソリン高騰を実感します。
R80は、1000cc&FCRキャブレターでハイオク仕様のため、燃費17km/L。
レギュラーで30km/L以上は軽く走るSR400と比べると、実質2倍のガソリン代です。。

at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月24日

香嵐渓 2012

C360_2012-11-24-11-52-02天気が良かったので、BMW R80で愛知県の香嵐渓まで片道100kmひとっ走り…

ここは毎年毎年、行っています。

昨年は、ケンメリと後輩のポルシェで。
その前年はSRで。更にその前年もSRで。
道中、見事なグラデーションの紅葉。


C360_2012-11-24-14-00-22C360_2012-11-24-14-01-06
今年は、本当に燃えるような、それでいて透き通っている美しい紅葉。
当たり年かな。

C360_2012-11-24-14-09-19C360_2012-11-24-14-08-52
ケータイ写真だから綺麗に写らなかったけど、大切なのは自分の目で見た景色。

at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月13日

晩秋のしらびそキャンプ

本日、業務中に思考が途切れるなど挙動不審になったのを自覚し、早退して寝てました。
38.8℃。 職場の人にうつさなかっただろうか。。

10月の終わりに行った、しらびそ高原キャンプ場です。
今年は暖かく、標高2000mでも氷点下になりませんでした。残念。

PA200482_RPA200490_R
テフロンのフライパンを導入してから、焼き物のクオリティが飛躍的に向上しました。
有名な「まるかわ餃子」もこんなに美味しそうに焼けたのは初めて。
だいたい焦げ付いて皮が破れるのが、キャンプ業界の常識でしたから(?)

PA210513_RPA210511_R
帰り道。
俺のBMWが先頭を走っていたのだけど、後続がいつの間にか消えていました。
こういうオチでした。

at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月20日

しらびそナイト

a80549eb.jpg0c6870ae.jpg
毎年恒例、秋のしらびそ高原でキャンプ。
今年は紅葉も遅いし、氷点下はいかないかなぁ…
_(:3 」 ∠)_
それでも標高2000m近くあるので、一応、寝袋はダブルレイヤード。


at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月18日

帰路

88fb3afd.jpg旅も最終日。
今日はバイクを仙台の駐輪場に預けて、仙台に来ていた親父のクラウンで被災地をもう一度走りました。

2500ccだとやっぱりトルクが細いなぁ〜
ケンメリの前に乗ってたアスリートは3000ccだったので、同じ感覚でアクセル踏むとあれ?ってなります。
しかしケンメリに慣れた今、ステアリングの軽さ、安定性、静音性には感動するね。

今は仙台〜浜松方面へ、BMW R80で走ってます。
まだ宇都宮。果てしない。。



追記 2012/08/19 07:50
仙台〜自宅まで600kmちょい。無事に走りきりました。

深夜0時の足柄SAのベンチで横になったら、朝日がまぶしい!
5時間寝てました笑

外は天気がいいけど…1週間ぶりの布団で横になりたい。

at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月17日

佐助豚

edbeb154.jpg昨日は宮古を出て、龍泉洞、八幡平アスピーテライン、後生掛温泉からの〜乳頭温泉のハシゴでぐったり。
ツーリング中、シャツが硫黄臭くなる感じが大好きです。

夜は盛岡じゃじゃ麺を目指し、県庁前の白龍。…あいにく盆休み。
バイクを止めてふらふら歩くと、白龍の裏側に美味しそうな飲み屋さん『酒をよぶ食卓 MASS』

もちろん飲まないので、生姜焼き定食。
岩手の佐助豚、思わずうなる旨さ。
白龍休みでむしろラッキーだったかな。


at 07:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月16日

浄土!

78cee0e6.jpg宮古市浄土ヶ浜の日の出。
4時半に起床した甲斐あって、きれいな朝日が見られました。

以前に来たのは5年前。
震災前とそれほど大きく変わらない景色に戻してくれた地元の方々に感謝。


at 09:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月15日

気仙沼

06a11b72.jpg気仙沼の国道を走っていると、
駅前の交差点を塞ぐように、船。

一面の更地。以前はどんな風景だったのだろう。


at 12:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

灯籠流し

32d8ae1a.jpg仙台荒浜、石巻の海岸線を走りました。
家の基礎だけが一面に広がる光景。瓦礫はもう無くて、そこに去年まで家が建ち並んでいたことを想像することさえ難しいです。

石巻の雄勝(おがつ)の仮設店舗で刺身山盛り定食を食べていると、夕方から灯籠流しをやるそうで、もともとノープラン旅だし最後まで見ていくか、と。

地元の方の手作りの2000個の灯籠。
小さい漁船で何往復もして湾の中ほどに浮かべてゆく。一度船に乗せてもらって、灯籠のかたまりの中に入ったのだけど、信じられないくらい幻想的な光景。
船べりから手を伸ばして灯籠をひとつひとつ浮かべながら、岸の方から聴こえる夏祭りの太鼓に耳を澄ます。
ものすごく貴重な体験でした。


at 08:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月13日

つちゆ

0b7f7267.jpg0b9de0f7.jpg
福島に入ると、ガソリンスタンドのおばさんとか、懐かしい東北訛りが耳に入って、マジで心が和みます。帰ってきたなぁって感じがする。

ce0cdaf4.jpg土湯温泉に入って、湯上がり牛乳飲んで、つけめん!すげぇポリューム!

そのあとキャンプ場で一緒になったパンヘッド(オールドハーレー)のおっさん2人に、酒と焼肉をご馳走になりました。
最近まで鉄仮面スカイラインに乗っていたそうで。また娘さんも俺と同じ大学だそう。


at 09:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月12日

起死回生

a91d7793.jpgfc4d32a5.jpg
宇都宮のバイク屋に着いたのが早過ぎて、ご主人がいる気配が無い。
シートに跨がったままタンクに突っ伏して1時間ほど寝ていると(←マジでどこでも爆睡できて便利)、ご主人現れました。

結果的に、プラグキャップを新品に交換したら嘘みたいに調子良くなりました。
こんなこともあるのか…
きっと昨日の雨でヤラレタのでしょうか。

バイク不動で、東北に着く前に路頭に迷ってあやうく夏休みを棒に振るところだったので本当に良かった!

お店は新旧のトライアル車がメインで、それに紛れてヨンフォア、CBX400F、かと思いきやベスパやBSAなどが並ぶ、イカシタ趣味のバイク屋さんでした。


at 18:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ふちょ

東北に向かっているものの、バイクが不調で困ってます。
高速は問題ないんだけど、アイドリングが安定しないので信号待ちできつい。
プラグの感じは普通、キャブ同調もおかしくない。
右シリンダだけ、アイドリングで吹き返しがあります。

宇都宮に、以前このバイクのエンジンOHとか面倒を見てたショップがあるらしいので、
行ってみようと思います。

ま、これも旅ですかね。

BMW R80も1989年式
一応、世間的には旧車の類になりつつありますが、日が浅いので勝手が分からないです。

温泉入りたい!

at 08:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月11日

etc...

40b039e0.jpgffb07d13.jpg
今日から夏休みですが、きのう深夜までの仕事オーバーレブにより、エンスト(俺自身が)
休み初日はたくさん寝て、リポビタンの高いやつでドーピングして何とか復活しました。

まずはBMWにETCを付けなきゃ、てことで適当なヒューズとスイッチを噛ませてバッテリー直付け。
アンテナはカウルの中にテープで貼り付け。こちらも適当。

さて、もう18時で涼しくなってきたので一人旅に出発しますかね。
目的地は、東北。それ以外の計画は無し(事前に地図を眺める時間なかった)。

テントと地図を積めば、どこにだって行ける。
今日どこまで行けるかは分かりません。時計見ながら決めますか。


at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
管理人
車名 : ナオキ
年式 : S58(33年落ち)
設置 : 静岡県西部
現在の愛車:
SKYLINE(Ken&Mary) '73
YAMAHA SR400 '06
BMW R80 '89
VOLVO 240 '91
SUZUKI Lapin '12
最近の写真
  • プチ掛川ナイト
  • プチ掛川ナイト
  • June has come
  • June has come
  • June has come
  • June has come
  • 九州へ 2017 その5
  • 九州へ 2017 その5
  • 九州へ 2017 その5
  • 九州へ 2017 その5
  • 九州へ 2017 その4
  • 九州へ 2017 その4
  • 九州へ 2017 その4
  • 九州へ2017_その3
  • 九州へ2017_その3
  • 九州へ2017_その3
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その2
  • 九州へ 2017 その1
  • 九州へ 2017 その1
  • 九州へ 2017 その1